最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

最強の英文法 TOP PAGE はこちら

 title-2 

 基本的な英文法問題を解いて、英語力をアップしよう!
 無料で英文法の勉強ができるサイトです。

本気で英語を学びたい方に
英語の教材や英会話力アップの教材なども紹介しています。


英文法問題一覧
英文法の重要単元20のポイント
200問の問題と解説を読めば英文法の力がつきます。
最小限の努力で最大限の効果。

英文法の質問と回答一覧
みんなから寄せられた英文法の質問と解答を掲載
あなたにも役立つ英文法の疑問が解決する?


他にも多くの記事を掲載していますのでご覧ください。

--------------------------------------

無料メルマガに登録
無料です。
平日週に数回英文法の問題が届きます。
気軽に解いて、英文法の力が付きます。


究極の英文法
プログの内容をサイトにまとめました。
まとめて学習するのに便利です。
文法問題のポイントや解説の一覧があります。


最強の英文法(スマホ対応)
当ブログの姉妹サイトです。
週に3~4問を更新中です。
ただ読むだけで英文法の力が付きます。

-----------------------------------------

人気ブログランキングに参加しています。

語学 ブログランキングへ


ランキングに参加しています。応援よろしく。\(^-^)/
FC2ブログランキング

------------------------------------------

スマホでご覧の方は、すぐ下の 次の記事 > というのをクリックすると最新の記事を見ることができます。
または、このページの一番下にある 記事一覧を見る  をクリックして下さい。

PCでご覧の方はこのままスクロールしてご覧ください。
PCの方は、サイドバーから記事を選択できます。



英語のことわざ No.76

■役立ちそうな英語のことわざ 

076. The early bird catches the worm.

 ↓ 
 ↓日本語では? 
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

076. 「早起きは三文の徳」

直訳は「早起きの鳥は虫をつかまえる」になります。

虫はもちろん鳥のえさのことで、早起きをするとえさが手に入るという意味です。
このことから、「早起きをするといいことがある」という意味です。

日本語のことわざでは
「早起きは三文の徳」
「早起きは三文の得」
になります。

「徳」も「得」もどちらも正しいのだそうです。
「徳」は中国の故事から由来する言葉で、「得」は日本の故事に由来する言葉だと言います。

「徳」とは、社会的に価値が認められている性質や品格のことです。
それに対して「得」は、利益を得るということです。

定番は「徳」の方らしいので、ここでは「早起きは三文の徳」の方を使います。

ついでに「三文」ですが、今のお金の価値にすると「300円」くらいになるそうです。
大金ではないので「三文」という表現から「少しいいことがある」ぐらいの意味になります。

そう考えれば「得」の方が合っている気もします。
でも、あまり悩まないことにします。



■ここでは単語を覚える! 

early bird で「早い鳥」ではなくて「早起きの鳥」という意味になります。
early riser で「早起きの人」という意味になります。

keep early hours で「早寝早起きをする」という表現も覚えておきましょう。

なお「スピードが速い」のは、fast です。
「動作が素早い」のは、quick です。


次に、worm です。
辞書によると、原義は「地面をはうヘビ・虫」となっています。
通例、細長くてやわらかくて脚のない虫のことを指します。
ミミズ、ヒル、うじ虫、昆虫の幼虫、寄生虫なども worm になります。
日本語の「昆虫」とは違うカテゴリーになります。

日本語の「虫を捕る」は、英語では
hunt bugs
hunt insects
catch insects
などと言います。



復習しましょう。 

「早起きは三文の徳」

 ↓ 
 ↓英語では?
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

The(   )bird catches the (   ).


こちらに英語のことわざをまとめています。



英語のことわざ No.75


■役立ちそうな英語のことわざ 

075. Strike while the iron is hot.

 ↓ 
 ↓日本語では? 
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

075. 「鉄は熱いうちに打て」

直訳は「鉄が熱いうちに打て」になります。
ほぼ、そのままですね。

そのため、非常に覚えやすいことわざです。

ただし、このことわざに相当する日本語のことわざは他にもあります。

「善は急げ」
「思い立ったが吉日」
「好機を逸するな」

などです。

人は柔軟性のある若いうちに鍛えることが大事だという教えです。
物事は好機を逃さないうちに実行しないと成功しにくいという教えとしても使われています。



■ここでは単語を覚える! 

「~する間」という表現について。

while, for, during の使い分けができるようにしておきましょう。

while は接続詞です。
基本的に、後に主語と動詞が必要です。
ただし、主語と be動詞が来るときは、それらがよく省略されます。

while staying in London
= while (I was) staying in London
「ロンドン滞在中」
などです。

for, during は前置詞です。
基本的に後に主語と動詞は取りません。
後には名詞が来ます。

for は、後に数詞を伴います。
for ten minutes
for three years
などです。

during は特定の期間を伴います。
during the summer vacation
during my stay in London
などです。



復習しましょう。 

「鉄は熱いうちに打て」

 ↓ 
 ↓英語では?
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

Strike(   )the iron is hot.


こちらに英語のことわざをまとめています。



英語のことわざ No.74


■役立ちそうな英語のことわざ 

074. Still waters run deep.

 ↓ 
 ↓日本語では? 
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

074. 「能ある鷹は爪隠す」

直訳は「静かな川は深く流れる」になります。

ジーニアス英和辞典(大修館書店)で water を調べると、このことわざが掲載されています。
その訳は「静かに流れる川は深い」となっています。

才能や実力のある者は、軽々しくそれを見せつけるようなことはしないというたとえです。

ただし、英語では「腹黒い人、ずる賢い人」のことを言う時にも使うそうです。
日本人は謙虚であることを美徳と考える傾向があります。
しかし、英語圏では、黙っている奴は腹黒いと思われるのでしょうね。

なお、日本語のことわざは「能ある鷹は爪を隠す」と「を」を入れる場合も多いようです。

英語のことわざでも

Still water runs deep.

となり water を単数形扱いにする表現もあります。

また

Cats hide their claws.
「猫は爪を隠す」

Who knows most, speaks least.
「最も多くを知るものは最も話さない」

なども「能ある鷹は爪隠す」に近い英語のことわざです。



■ここでは単語を覚える! 

まず、still ですが形容詞では「静かな、穏やかな」などの意味です。
副詞では「まだ、それでも」などの意味があります。
比較級の語を修飾して「なおいっそう、さらに」などの意味にもなります。

次に、water です。
意味は「水」で数えられない名詞です。

このことわざでは、waters と複数形になっています。
このような場合は、「多量の水、流水、海、湖、川」などの別の意味になります。

他にも、work「仕事」は数えられない名詞ですが、works で「作品」という別の意味になるのも同様です。

run は「走る」の他に「流れる」という意味があります。
鼻水が出るのも run です。

I have runny nose.
My nose is running.

などと言います。

最後に deep です。
deep = deeply でここでは副詞です。
deep は「深い」という形容詞もあれば、「深く」という副詞もあります。



復習しましょう。 

「能ある鷹は爪隠す」

 ↓ 
 ↓英語では?
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

(   )waters run(   ).


こちらに英語のことわざをまとめています。



英語のことわざ No.73


■役立ちそうな英語のことわざ 

073. Spare the rod and spoil the child.

 ↓ 
 ↓日本語では? 
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

073. 「かわいい子には旅をさせよ」

ことわざの直訳は
「むちを惜しんで子供をだめにする」
になります。

「子供のことを思うならあえて叱らないと子供をだめにしてしまう」という意味です。

聖書の一節からできたことわざだそうです。
子供に接する親の態度を説いたものです。



■ここでは単語を覚える! 

spare「~なしですます、取っておく、(~のために)割く、(惜しんで)使わない」などの意味があります。
形容詞では「予備の」、名詞では「予備品」という意味になります。

rod「(細くてまっすぐな)棒、さお、釣り竿、枝、むち」などの意味があります。
the rod で「むち打ち、おしおき」の意味もあり、ここではその用法です。

spoil「台無しにする、だめにする、損なう、甘やかす、増長させる」などの意味があります。
名詞では「強奪、略奪、戦利品、利権、役得」などの意味があります。
主に複数形で用います。



復習しましょう。 

「かわいい子には旅をさせよ」

 ↓ 
 ↓英語では?
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

(   )the rod and(   )the child.

こちらに英語のことわざをまとめています。




英語のことわざ No.72


■役立ちそうな英語のことわざ 

072. So many countries, so many customs.

 ↓ 
 ↓日本語では? 
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

072. 「所変われば品変わる」

ことわざの直訳は
「非常に多くの国々、非常に多くの習慣」
になります。

「それぞれの国にはその国独自の習慣があるということ」
「土地ごとに習慣や風俗、文化、言語は変わるという事。また、同じ品物でも土地によって、名称や用途は変わるものだという事」



■ここでは単語を覚える! 

「習慣」と言う語を3つ覚えておくことをおすすめします。

まず、habit です。
「(個人的な)習慣、癖」
を表します。

次に、custom
「社会的な習慣、その地域で行われている慣習」
を表しています。

3つ目が routine です。
「(毎日の)日課、お決まりの仕事」
です。

状況によって使い分けましょう。



復習しましょう。 

「所変われば品変わる」

 ↓ 
 ↓英語では?
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

So many countries, so many (   ).


こちらに英語のことわざをまとめています。





英語のことわざ No.71


■役立ちそうな英語のことわざ 

071. Seeing is believing.

 ↓ 
 ↓日本語では? 
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

071. 「百聞は一見にしかず」

ことわざの直訳は
「見ることは信じることだ」
になります。

「人から何度も聞くよりも自分で一回見た方が確実だ」という意味です。

そこで
To see is to believe.
ではだめなのかという疑問がわきます。

to 不定詞にも「~すること」という意味があるからです。

結論からすると、このことわざの意味を考えると
Seeing is believing.
の方が良いということになります。

こちらで覚えておきましょう。



■ここでは動名詞と to 不定詞の違いを覚える! 

動名詞(~ing)は、「過去にしたこと、過去からずっとそうしていること」に用いることが多いのです。
また動名詞は「一般論」にも用いられます。

それに対して、to 不定詞は、「これからそうなること」に用いる傾向があります。
to ~ は「行きつく先」を表すからです。
go to the park と言えば「公園まで行く」わけです。
行きつく先が公園です。

Seeing is believing.
「(今までもそうだったが)一回見た方が確実なのだ」

To see is to believe.
「(これから)見てみれば、確実になる(ことだろう)」

これぐらいの違いがあります。

ですから、
Seeing is believing.
の方が、「百聞は一見にしかず」ということわざにより適していると言えます。



復習しましょう。 

「百聞は一見にしかず」

 ↓ 
 ↓英語では?
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

Seeing is (   ).

こちらに英語のことわざをまとめています。




英語のことわざ No.70


■役立ちそうな英語のことわざ 

070. Saying is one thing, doing another.

 ↓ 
 ↓日本語では? 
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

070. 「言うは易し行うは難し」

ことわざの直訳は
「言うということは一つのことで、するということは別のことだ」
ぐらいになります。

「言うとするでは大違い」
となり
「言うは易し行うは難し」
という日本語のことわざに至っています。


「言うは易し行うは難し」は以下の表現も可能です。


Saying is one thing and doing another.

Saying it is one thing and doing it is another.


Easier said than done.

It's easier said than done.



■ここでは構文を覚える! 

基本的な形は

A is one thing and B is another 
「 A と B は全く別物だ」

となります。

様々な変形や省略された表現があります。


Saying is one thing, doing another.
= Saying is quite different from doing.

と書き換えることもできます。



復習しましょう。 

「言うは易し行うは難し」

 ↓ 
 ↓英語では?
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

Saying is (   )(   ), doing (   ).


こちらに英語のことわざをまとめています。



英語のことわざ No.69


■役立ちそうな英語のことわざ 

069. Rome was not built in a day.

 ↓ 
 ↓日本語では? 
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

069. 「ローマは一日にして成らず」

直訳すると
「ローマは一日で建てられたのではない」
ぐらいの意味になります。

大事業は、長い間の努力なしには完成されないというたとえです。

また、努力や忍耐がなければ成功できないという戒めの意味でも使われます。



■ここではことわざをそのまま覚える! 

古くからある有名なことわざです。

有名すぎるので、そのまま意味も含めて覚えて下さい。



復習しましょう。 

「ローマは一日にして成らず」

 ↓ 
 ↓英語では?
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

(   ) was not built in a (   ).


こちらに英語のことわざをまとめています。




英語のことわざ No.68


■役立ちそうな英語のことわざ 


068. Practice makes perfect.

 ↓ 
 ↓日本語では? 
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

068. 「習うより慣れよ」

直訳すると
「練習が完璧にする」
ぐらいの意味になります。

何事にも忍耐力が大切という意味です。

「習うより慣れよ」には「人に教えられるよりも、自分で経験を重ねたほうが身につく」という意味があります。
つまり、人に習うより実際自分でやってみて覚えろということです。


英語の Practice makes perfect. は、少し意味が違うようです。
「練習が完璧にする」
つまり、繰り返し練習を積み重ねることで完璧になって行くという意味です。
とにかく自分でやってみて覚えろということは言っていません。
継続して練習を積み重ねることが大事だと言っているわけです。

「継続は力なり」ぐらいの和訳がよかったのではないでしょうか?



■ここでは語句の意味を覚える! 

まず、practice は「練習、けいこ、実践」などの意味があります。

次に、perfect は形容詞で「完全な」という意味です。

動詞の make は「~を作る」という意味があります。
が、この場合、目的語(名詞)が必要になります。

このことわざは、SVC の文型になっています。
よって、make は「~になる、~にする」ぐらいの意味でとらえます。



復習しましょう。 

「習うより慣れよ」

 ↓ 
 ↓英語では?
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

(   ) makes (   ).


こちらに英語のことわざをまとめています。



英語のことわざ No.67


■役立ちそうな英語のことわざ 

067. Patience is a virtue.

 ↓ 
 ↓日本語では? 
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

067. 「石の上にも三年」

直訳すると
「忍耐は美徳である」
ぐらいの意味になります。

何事にも忍耐力が大切という意味です。

「石の上にも三年」には
Perseverance pays dividends.
「辛抱(perseverance)をすれば配当(dividends)の報いがある」
という表現もあります。



■ここでは語句の意味を覚える! 

まず、patience は「忍耐」という意味です。
形容詞は、patient「忍耐強い」になります。

patient には名詞で「患者」という意味もあることを合わせて覚えましょう。

次に、virture ですが、「美徳、長所」などの意味です。
反対語が、vice「悪徳、悪行、不道徳」です。

vice- は役職の前につけて、「副~」という意味になることもあります。
「代わりの~」というような意味があります。

vice-president「副大統領、副会長」といった意味になります。



復習しましょう。 

「石の上にも三年」

 ↓ 
 ↓英語では?
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

(   ) is a (   ).

= Perseverance (   ) the dividends.


こちらに英語のことわざをまとめています。




 | ホーム |  »»

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析