最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

関係代名詞か関係副詞か

鍊 携帯サイト最強の英文法に寄せられた「英文法に関する質問と回答」を掲載します。
あなたの疑問解決に少しでもお役に立てれば幸いです。

Q:けんさん

Though this is the reason they will give if asked この文のgiveの目的語が無いように思えるのですがこれは省略されているのでしょうか?

お願いします。

 ↓
 ↓
 ↓

A:オッハー(管理人)

けんさん、質問どうもです!

this is the reason they will give if asked の部分を二つの文に分けると、This is the reason.「これが理由です」と They will give the reason if asked.「尋ねられたら、彼らはその理由を答えるでしょう」に分かれます。

二つの文に共通するのが、the reason という名詞ですので、後の文の the reason を消して、which にして、一文とします。

this is the reason which they will give if asked


これの which が省略された文と考えればいいのではないでしょうか。


名詞の代わりをするのが関係代名詞

副詞の代わりをするのが関係副詞。

質問文では、名詞が消えているので、関係代名詞の which の省略と考えます。



RE:けんさん

先行詞がreasonだったのでwhyの省略かと思ってました。

ありがとうございます。





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング



whatは疑問詞か関係代名詞か?


 what は疑問詞か関係代名詞か?

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
本気で学ぶあなたが読めば、無料の英語教材になります。

 Q:
質問なんですけど、名詞節のWhatっは関係代名詞になって「~こと」と訳す場合と疑問のように「~か」と訳す場合がありますがそれはどう見分けたらよいのでしょうか?

 ↓
 ↓
 ↓

続きを読む »

関係副詞と前置詞+関係代名詞

関係副詞と前置詞+関係代名詞

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:
関係副詞のwhereと、in which、at which、to whichの使い分けってありますか?
関係詞節にある動詞で使い分けるんですか?
お願いしますm(__)m

 ↓
 ↓
 ↓

続きを読む »

関係詞と冠詞の関係

関係詞と冠詞の関係

携帯サイト「最強の英文法」に寄せ

られた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:
関係詞などで修飾された名詞につける冠詞なのですが、aをつけるべきなのか、theを付けるべきなのか迷うことがあります。
基本的にはtheを使うのですが、関係詞節によって修飾されても特定できない場合、
例えば、This is a doll which he made yesterday. 昨日彼がいくつか作った人形のうちのひとつであるという場合は a を使えばいいとわかります。
その他に、a を使えばいいような場合などあったら教えてください。お願いします。

 ↓
 ↓
 ↓

続きを読む »

whatever の用法

whatever って?

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q: 
You can look through your textbook and choose whatever topic you want to write about for your essay.
なぜ whatever のすぐ後ろに名詞があるのですか?
whateverって関係代名詞ではないんですか?
aboutの後ろに名詞が無いので・・・
よろしくお願いします。

 ↓
 ↓
 ↓
      

続きを読む »

関係代名詞の位置

関係代名詞の位置

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:

Go to those who you are sure will help you.きっと助けてくれると思う人のところへ行きなさい。
連鎖関係代名詞と書いてあるんですが、Go to those you are sure who will help you.はどうしていけないんでしょうか??

 ↓
 ↓
 ↓

                   

続きを読む »

先行詞と離れた関係詞

関係詞が先行詞と離れたところにある?

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:
The time will come when he will regret this.
「彼がこのことを後悔するときが来るだろう」
というものがありました。
この文の関係副詞whenとその先行詞The timeの間にwill comeが入り、関係詞と先行詞を離しているのはなぜなのでしょうか..?
 

 ↓
 ↓
 ↓
                    人気blogランキング

続きを読む »

関係詞で迷ったら…

 関係詞の問題で迷ったら…

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:In only a short time,computers have profoundly changed the way in (  ) many kinds of work are done.
の(  )内に選択肢からwhichを選ぶ問題があります。
私はin which=where というのを習った事がありinの後だからきっとwhereだろう…なんて考えて答えを選んでしまいました。
解説にはwayを導く関係詞とかいてあるんですがなぜここは場所を示すin whichになるんですか?

 ↓

 A:まず、関係詞の問題で迷ったら、先行詞を後の文(先行詞を説明している文)に入れて考えてみて下さい。

「場所を示す in which 」とありましたが、in which は、場所とは限りません。
例)December is the month in which I can get a present.
「12月はプレゼントがもらえる月だ」
先行詞である the month を後の文に入れて2文を作ります。

December is the month.
I can get a present in the month.

この2文が1文になると、当然、最初の文になります。
この in which は、in the month のことで、時を表しています。

質問文も修飾語を省いて、わかりやすくすると、
Computers change the way in which many kinds of work are done.
「コンピューターは様々な仕事のやり方を変えた」
Computers change the way.
Many kinds of work are done in the way.
この2文が1文になったもので、in which は、方法を表しています。
先行詞を後の文に入れると、わかりやすいですよ。 

質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

the way how について

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:先日の問題(以下)で、the way how
という表現はないということでした。
文法的にはあっている気がするのですが、
慣用的に使われないので相手に通じないという
ことでしょうか?
例えば、以下の言い方は出来ませんでしょうか?
This is the only way how this
company penetrate into this new market.
(これがこの会社が新しい市場に参入するのに
 唯一の方法である。)

15. This is (  ) he succeeded in business.
(1) what
(2) which
(3) how
(4) the way how
 ↓
 ↓選んだ?
 ↓
●Answer
15.(3) how
「このようにして、彼は事業に成功した」
先行詞がないときは関係副詞を考える。
後ろに完全な文が来る。
the way how という表現はない。


 ↓

A:the way how で十分通じると思います。
なぜ、the way how を使わないかというと「くどい」からです。
PCで検索をかけると、海外のサイトで使われているものも少数有りました。

例として適切かどうかわかりませんが、日本語で言うと「馬から落ちて落馬した」というようなくどい表現になるものと思われます。
一言「落馬した」といえば済みますよね。
だから、the way だけ、または how だけを使うようです。

ご質問の This is the only way how ~.についてですが、how を消して表現すべきでしょう。
または、how の代わりに that を用いることもあります。
やや、堅苦しい表現になるということです。
これもあまり使われません。

これと同様に、the time when の the time,
the place where の the place,
the reason why の the reason も、
ほとんど省略されます。
理由は、「くどい」からです。 d(^-^)ネ!


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

前置詞+関係代名詞

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:ある問題に There is nothing (  ) we are apt to be so wasteful as of time.でカッコの中には of which が入るのですがなぜでしょうか?
あと、この文がどのような構成になっているのかについても教えてください。

 ↓

A:質問文を分解してみます。

1.There is nothing.
「何もありません」
2.We are apt to be wasteful of nothing.
「私たちは何も無駄にしがちではない」???

実際、こんな文は存在しません。
We are apt to be wasteful of something.
「私たちは何かを無駄にしがちだ」なら、いいですけどね。
しかし、nothing が先行詞なので、無理に2.の文を作りました。
関係詞の問題で迷ったら…「先行詞を後の文に入れる」ですね。

be wasteful of ~「~を浪費する」です。

この2文を関係詞を使って1文にすると、
There is nothing of which we are apt to be wasteful.
「私たちが無駄にしがちなものは何もない」となります。
of nothing → of which となって、それが先行詞の後に出て行くことが重要です。

これと not so ~ as …「…ほど~ない」が組み合わさっています。
もちろん not の代わりに nothing が用いられています。

3.There is nothing of which we are apt to be wasteful.
「私たちが浪費しがちなものは何もない」
4.We are apt to be wasteful of time.
「私たちは時間を浪費しがちだ」
3.と4.を比べますが、we are apt to be wasteful の部分は共通するので、後の文では省略されます。あまりにもしつこいでしょう?
できた文が
There is nothing of which we are apt to be so wasteful as of time.
「時間ほど、私たちが浪費しがちなものはない」
結局「時間が一番浪費されがちだ」という意味ですね。


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

関係代名詞 that の用法

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:先行詞に最上級の形容詞がついていたり、the same, the only, the very, all, every, any, noなどがあるときは、先行詞が「人」でない限り、thatを用いると習いました。
でも、ここで質問が2つあります。
1.先行詞が人ではなくて動物の場合も、上に書いた語が先行詞に含まれていたらwhichやwhoはだめですか?
2.few, a few, only a few, little, a little, only a littleが先行詞にある場合も、whichやwhoは使えず、必ずthatになるのですか?

 ↓

A:1.the same, the only, the very, the first, the last, 最上級などは、先行詞を一つのものに特定する働きがあります。

例えば、the very book とすれば「正にその本」ということで、本が特定されるでしょう。

そして、that は、限定の働きが強い関係代名詞です。
,which(コンマ which) はあるけど、,that(コンマ that) は、ないでしょう。
(例外的に ,that もあるんだけど、話がややこしくなるから、that に非制限用法はないということにしておきますね)

何が言いたいかというと、先行詞を限定する語がつくと、先行詞を限定する働きが強い that が好まれるということです。

だから、上記のような特定の語がついた先行詞が、人以外のときは、that を用いることを勧めます。

which や who はだめですか?ということですが、which や who でもいいです。
と言うか、先行詞が人の場合は、that より、who の方がよく用いられます。
以上、1.の回答です。

2.1.で説明したように、that は、限定されたものに好んで用いられます。
2に挙げられたa few, や only a few …などは、数の多少を表すだけで限定するわけではありません。
だから、that になるわけではありません。

基準は、先行詞が限定されるかどうかということです。
また、先行詞が人なら、who が好んで用いられます。

必ず that が用いられるのは、
先行詞が who や which のときですね。
これは、who who や which which では紛らわしいからです。
who that や which that にした方がわかりやすいからですね。


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

 | ホーム |  »»

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad