最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

some を主語とする文の部分否定

cat1
携帯サイト最強の英文法に寄せられた「英文法に関する質問と回答」を掲載します。


Q:kazuさん

すみません。はじめて質問いたします。
(前に書き込みしたときに、挨拶を忘れておりました)

部分否定の件なのですが、Some ~を主語にしたときに、動詞の目的語としてのthat節内に、部分否定の気持ちが自動的に備わるのかどうかという問題だと思うのですが、よくわからないので、お教え下さい。

ある英作文参考書で、「大学に入ろうとする10人のうち4人が、大学教育を受けるだけの能力があるとは限らないと言う人もいる」という問題の解答例が、Some people say that four out of ten students who are going to get into college are not intelligent enough to study at college.となっており、解説に「some people say で始めた場合、この区分(that節内のこと)をわざわざ部分否定(not always)にする必要はない。some people ~ だけでも「~とは限らない」の意味が出る」とありました。
でもこの解答例だと「10人のうち4人は能力がない(と確定している)、そういうことを言う人も一部存在する」ってことになりませんか。
やっぱりare not always intelligentとしたほうが良いように思うのですが、ご教示いただけませんか。
ちなみにもう一つの解答例では、People complain that four in ten students who want to get into college do not always have the ability to study in college.となっており、部分否定をthat内に使い、主語はSome peopleではなくPeopleとなっていました。

 ↓
 ↓
 ↓

A:Emanonさん

kazu さん,

> 「大学に入ろうとする10人のうち4人が、大学教育を受けるだけ
> の能力があるとは限らないと言う人もいる」

この和文についてですが:

ふつう,「…が~とは限らない」と言うとき,「…」の部分には特定の人・モノが来ないといけないのではないでしょうか。たとえば,

 「あの人(特定の人)が犯人とは限らない」

とは言うでしょうが,

 「ある人(不特定の人)が犯人とは限らない」

とはふつう言わないでしょう。

そうなると,問題の和文の「大学に入ろうとする10人のうち4人」(→「…」に当たる部分)が,「特定」の人を表しているのかどうか,ということになります。

もしこの表現が特定の人を表せないなら,和文自体がおかしいということになります。

表せたとしても,少なくとも2つの解釈ができて,意味が曖昧になるでしょう。

問題の和文がちょっと長いので,便宜的に次の例でそれ(2つの解釈)を説明してみます。

例)「参加希望者の半分(or 10人に5人:5割)が女性とは限らない」

の意味は,

1) 全体の半分は女性とわかっているが,残り半分はすべて女性かどうかわからない
 →残り半分の,さらにその一部は男性かも知れない

ともとれます(これはおそらくKazuさんの理解の仕方だと思います)し,

2) 女性が5割とは限らない(女性の数は半分より多い(少ない)かも知れない)

ともとれるのではないでしょうか。

このような見方が正しいとするなら,このケースにおいては,英訳以前に,和文そのものに問題があるように思われます。

> some people ~ だけでも「~とは限らない」の意味が出る」とあり
> ました。でもこの解答例だと「10人のうち4人は能力がない(と確
> 定している)、そういうことを言う人も一部存在する」ってことにな
> りませんか。

これもおっしゃる通りだと思います。


RE:kazuさん

どうもお返事ありがとうございます。
これは青山学院大の問題で、この和文自体、確かにあいまいというか、面倒くさいです。
私自身は、「~人中…人」という言い方と、「部分否定」を英語に直せるのかを、大学が受験生に試すために作った(あるいは選んだ?)和文ではないかと、いう気がしてきました。
でも、なんか、問題のための問題になってしまってあいまいなものになってしまったのかもしれません。

あと、私が質問させてもらった「Some ~を主語にしたときに、動詞の目的語としてのthat節内に、部分否定の気持ちが自動的に備わるのかどうか」というのは、そんなルールはない、と考えていいのでしょうか。


RE:Emanonさん

kazu さん,

> 「Some ~を主語にしたときに、動詞の目的語としてのthat節内に、
> 部分否定の気持ちが自動的に備わるのかどうか」というのは、そん
> なルールはない、と考えていいのでしょうか。

についてですが,解説の説明はそういうことではないように思います。実際の内容は,

> 「some people say で始めた場合、この区分(that節内のこと)
> をわざわざ部分否定(not always)にする必要はない。some people
> ~ だけでも「~とは限らない」の意味が出る」

ということですね?

この意味はおそらく,こういうことなのではないでしょうか。

--
Some (people) say that A is B の形の額面通りの意味は「一部の人(おそらく少数)は『A=B』が正しいと言っている」だけでしかない。
  ↓
しかし,これは裏に,「それ以外の人(おそらく多数)は,『A=B』だなんてウソだ言っている」の意味が隠れている。(一部の人はそう言っていても,他は違うことを言っている)
  ↓
ということは,言外の意味も含めると,結局「みんなが『A=B』だと言っているわけではない」ということになる。
  ↓
だから,Some (people) say that A is B とするだけで,「『A=B』 とは限らない」という意味が表せる。
--
(以上,念のために書きますが,解説者の思考内容の推測です。)

元の和文に戻れば,解説者の方は,

> 「大学に入ろうとする10人のうち4人が、大学教育を受けるだけ
> の能力があるとは限らないと言う人もいる」

を,「大学に入ろうとする10人のうち4人が大学教育を受けるだけの能力がないというのは,一部の人の意見であって,それは必ずしも正しいとは言えない(これを認める人もいるが,認めない人だっている)」の意味だと考えたのでしょう。

他に文脈があって,こう解釈するのが適切だということなら,解説内容は筋が通っていると言えないことはないと思います。(その点はいかがでしょうか。)しかし,文脈が他にないなら,和文の意味は曖昧で,これから一定の意味をくみ取るのは難しいと思います。


RE:kazuさん

確かにEmanonさんのおっしゃるとおりです。解説者の思考内容の推測の段を読んで、了解いたしました。しかし、この本の解説を読んで、上記のように考えて納得できる高校生がどれほどいることやら…。



英文法の質問と解答の一覧に戻る






動詞の原形の打ち消し

 not 原形

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
本気で学ぶあなたが読めば、無料の英語教材になります。

 Q:
文法書に以下のように書かれてありました。
command, demand, insist, order,propose, recommend, request, require, suugest, urgeなどの要求・提案・命令などを表す動詞に続くthat節内では動詞の原形が使われると。

そこで
(x) He suggested that she goes for a walk.
(x) He suggested that she went for a walk.
(o) He suggested that she go for a walk.

となるということなのですが、このthat節以下が否定形の場合は、
He suggested that she don't go for a walk.
となるのでしょうか?それとも
He suggested that she doesn't go for a walk.
なのでしょうか?原形を否定するということであればdon'tを使用するということになるのですが?よろしくお願いします。

 ↓
 ↓
 ↓

続きを読む »

否定の命令文

否定の命令文

携帯サイト「最強の英文法」に寄せ

られた質問と回答を掲載していくことにします。
本気で学ぶあなたが読めば、無料の英語教材になります。

 Q:
否定の命令文で
どうして「~であるな」は
Don't be ~なのでしょうか。
一般動詞の否定命令文のルールに従えば
Be not ~であると思うのですが。
しかもこのケースを除いて
DoとBe動詞が共存するものがないのに関わらずです。
原初的な質問で済みません。

 ↓
 ↓
 ↓

続きを読む »

nor = not ~ either

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:Nor are our problem-solving skills so remarkable.=Our our problem-solving skills are not so remarkable, either. と書かれていました。
この説明では nor=not~either になるという事ですよね?!
これっていつでも成り立つことなんですか??

 ↓

A:nor = neither = not ~ either
と覚えておいていいと思います。

nor が最もフォーマル(形式的)で堅苦しい感じがします。
not ~ either が略式で最もよく用いられます。
また主語を打ち消すときは、neither がいいでしょう。

Neither answer is correct.
「どちらの答えも間違っています」
×Either answer is not correct.
×either ~ not の語順はありません。

また、neither は普通、単数形扱いです。
また、nor や neither が文頭に来ると倒置を起こします。

質問文は、nor が文頭に来て、倒置を起こしています。
Nor are our problem-solving skills so remarkable.
= Our problem-solving skills are not so remarkable.
「我々の問題解決能力は、たいしたことはありません」
ぐらいの意味です。


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

否定文 have not その2

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:ずっと気になっているコトがあるんです。
ある時、友人が、「水着を持ってきていないんです」と言いたかったらしく“I haven't my swimwear.”という言い方をしていたんですが、これは正しい言い方ですか?
don't haveを言い間違えてhave notになったのかなぁ、と、初めは思っていたのですが、この言い方でちゃんと外人に通じてるし、もしかしてイギリス系の言い方にそういうのがあるのかな?って気になって。
よかったら教えていただけませんか?

 ↓
A:I haven't my swimwear. が正しい言い方かと尋ねられると答えに窮します。結論的には正しい言い方です。
しかし、あまり使われなくなってきていることは確かなようです。

例えば日本語の「なんでやねん」は、正しい言い方ですか?
関西の人に、「なんでやねん」は間違いで、例えば「なぜそうなるんだよ」が正しいですよと言ったとしましょう。
それこそ「なんでやねん」と言われるでしょう。(笑)

つまり、アメリカ英語では、I don't have my swimwear. が普通で、最近では、イギリスでもこれが普通になって来ているということです。
イギリスでは、I haven't my swimwear. が正式な言い方です。

助動詞の do, does, did を用いる用法が確立したのは、18世紀と言われています。
それまでは、I not say. や I know not. や Saw you him? などの否定文や疑問文が用いられていたのです。
「なんでやねん」と「なぜそうなるんだよ」では、「な」と「ん」の文字しか一致してないのに、十分通じますね。
それに比べれば、I haven't my swimwear. は、通じすぎるぐらいにバリバリ通じますよ。

以下は、オッハー説ですが、現在では、I don't have ~. が正式で、I haven't ~. は、方言だと言えると思います。方言が間違っているかと言われれば決してそうではありません。長い歴史の中で見ればこういう考えになると思います。

英語の歴史を見れば、ケルト語、ゲルマン民族がやって来てゲルマン語、ローマが栄えてラテン語、フランスが攻めてきて、フランス語など、様々な言語が入り混じっているのです。政治的、経済的な勢力関係によって、あるものが主流で、あるものが方言になって行くわけです。

興味の有る方は調べてみて下さい。
また、オッハー説が違うという方は、正しい考え方を是非、教えてください。


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

他にも面白いサイトがあります。
 ↓↓↓
人気blogランキング

否定文 have not

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:「彼女には子どもがいない」は、She has no children./ She doesn't have any children. で表現できますよね?
そこで、not も直後の語・句・節を否定すると習ったのですが、She has not children. は文章として成り立つのでしょうか?おかしな文だとは思うのですが、children を否定するのならあり得るのかと・・・。
でもそうすると「彼女は、子どもでないものを持っている」となりおかしいですよね?

 ↓
A:She has not children. が成り立つのかという質問ですが、結論からすると、言わないと思います。
基本的に名詞を打ち消すのは no だからです。
no + 名詞 と覚えましょう。
She has no children. がいいですね。
イギリス英語では、have not 名詞 という表現があるようです。
しかし、最近ではあまり使われないし、過去形の場合は、had not 名詞 は使いません。
did not have 名詞 がいいそうです。

また not を用いるなら、アメリカ英語では
She doesn't have any children. でしょう。
その場合も children を打ち消すというより、any などを入れてそれを打ち消す形にしたほうがいいでしょう。
もちろん、イギリス英語でも最近はこの形ですが、以前は
略式
She has not got any children.
(has は助動詞)
正式
She has not any children.
が用いられていました。
それでも any を入れたほうがいいですね。
any がなければ、やはり She has no children. です。


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が気に入ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

否定語が文頭に来ると

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:「never, little, seldom など否定の意味を持つ語句を文の先頭に出すときには‘否定語+助動詞(be動詞)+S+原形・・・’の語順にしなければならない」と書いてありました。
例文には Little did I dream of my success in this business. と書いてあったんですが倒置というのは否定語の後ろが疑問文の語順になるということなんですか?
 ↓
A:否定語が文頭に出ると倒置を起こします。
このときの語順は、お尋ねの通り、疑問文の形と考えていいです。
Never have I seen such a big dog.
「こんな大きい犬は見たことがない」
ただし、倒置が全て疑問文の形と思うのは誤りです。

副詞(句)が文頭にくるとき。
Under the table was a white cat.
Down came Mr. Smith.
ただしこの場合も主語が代名詞のときはVSの語順ではなくSVの語順になります。
Out he came.
他にも
補語+be動詞+主語。
Happy are those who love flowers.

目的語+主語+動詞。
This I have done.
など。

 ↓
Q:副詞(句)が文頭にくるときの Down came Mr. Smith. という文のDown以下の文の並び方は疑問文の語順ではなく主語と動詞を入れ替えただけの文だということですよね?
あと「否定の意味を持つ語句」というのは「否定の意味を持つ節」でもいいんですか?

 ↓
A:「否定の意味を持つ節」って何なのかよくわからないので、答え難いのですが…
結論から言うと、否定の意味を持つ節が来て、倒置を起こすことは有ります。
しかし「否定文」が来ても倒置を起こすわけではありません。
否定語と副詞節がいっしょになって文頭に来て、倒置を起こす特殊な例があるということです。
例文を見たほうが手っ取り早いですね。
Not until I talked to him did I know he was in trouble.
「彼と話して初めて、彼が困っていることがわかった」


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

他にも素晴らしいサイトがたくさんあります。
 ↓
人気blogランキング

neither と nor

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:参考書に
『「~もまた…でない」という否定形式は「neither ~.」または「nor ~.」で表す。』
と書いてあったのですがこれはどう使い分ければいいんですか?

 ↓
A:neither, nor どちらも同じです。
nor の方がフォーマル(形式的)な言い方です。
「~も…ない」
Neither do I.
= I don't either.
= Me neither.
= Me either.(これは略式表現なので Me neither.の方が一般的)
= Nor do I.(Neither do I.より堅苦しい言い方)
do の部分は、前の文によって、色々変わります。
また、neither A nor B で「AもBもどちらも~ない」という表現もあります。
= not either A or B ですね。


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が気に入ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad