最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動名詞か to不定詞か

鍊 携帯サイト最強の英文法に寄せられた「英文法に関する質問と回答」を掲載します。
あなたの疑問解決に少しでもお役に立てれば幸いです。

Q:Shihoさん

今、動名詞をしています。

stopを使う時は、動名詞と不定詞が使えるとありましたが、雨がやむの時は、It stopped raining this morningで、It stop to rainとはならないとありました、どうしてですか?

又、talkの時も、I stopped talkingではなく、I stopped to talkとありました。

どうしてですか?

 ↓
 ↓
 ↓

A:5さん

動名詞は、-ing の形が表している通り、

実際にその動作が進行している状態がイメージされます。


不定詞は、to +動詞の原形ですから、

どちらかと言えば、これから先の動作を意識した表現です。


これらを踏まえると、

他動詞の stop 「~をやめる」に続くものとしてふさわしいのは、

進行中の動作を表す動名詞だということになりますね。


stop に不定詞を続けた場合は、「~をやめる」ではなく、

これからその動作をするために「立ち止まる」という感覚になります。

(stop は自動詞と捉えます。)


ちなみに、話の流れによっては、

I stopped talking. と言うことも可能ですので、気をつけてください。


A:Emanonさん

Shihoさん,

> stopを使う時は、動名詞と不定詞が使えるとありましたが、雨がや
> むの時は、It stopped raining this morningで、It stop to rain
> とはならないとありました、どうしてですか?

Swan の "Practical English Usage" 等を参考に書きますが,このような「動名詞」と「不定詞」の使い分けの理由は(今のところ)専門家もよくわかっていないようです。

つまり,今回の「どうして?」という質問には「答え」が用意されていない。よって,「そういうものだ」ということで,わたしたちはそのまま覚えるしかないのだろうと思います。

もちろん,自分なりに理屈付けし,工夫して覚えるようなことがあってもよいとは思うのですが,それは大概,その場限りの理屈に終わってしまうでしょう。

そのことは,「(~するのを)やめる」の意味で,stop とほとんど同義の動詞:cease のケースを考えて見れば明らかです。

cease は,"cease doing" も, "cease to do" も,どちらも可能です。

そうなると,stop で「(~するのを)やめる」が "stop doing" としかできないのはなぜかをいくら考えても,その理屈が cease では通らないことになります。個々の動詞について,それぞれの理屈が必要だということになると,結局,これは場当たり的な説明しかできないということでしょう。

ということで,今回の質問は,stop の語法として,理屈抜きに覚えることを私としてはお勧めします。stop 以外の同様のケースについても,それぞれの動詞に応じて,用法を辞書で確認しつつ,どのような形が可能なのかを1つ1つ地道に覚えてゆくようにしたほうがよいと思います。


RE:5さん

o や -ing の持つ語感を用いて

統一的な解釈をするのはおかしいあるいは難しいということですか?





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング



スポンサーサイト

動名詞 ~したこと

動名詞「~したこと」

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:
I suppose you are angry with me for not having come earlier. という文があったのですが、 "来なかった" にあたるnot having come の come は過去分詞でしょうか?

また、なぜ、not having come になるのか、いまいち理解できないので、教えていただきたいです。
お願いします。

 ↓
 ↓
 ↓

続きを読む »

of one's own ~ing

「コメント」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:この前生徒がやっている問題で
I painted this picture myself. を穴埋めで
This picture is of my own painting. 
という形に直す問題にでくわし、なぜ、be動詞のあとに、of がくるの?ときかれて、ちょっと困ってしまいました。
こういう熟語なの、というのもありでしょうが…。
なにかいい説明の仕方があったら教えてください。


 ↓

A:of one's own ~ing で「自分で~した…」という意味が有ります。
of one's own ~ing は、4語で、一つの形容詞の働きをしています。

形容詞には2つの働きが有ります。
①名詞を修飾する
例)a big dog
②補語になる
例)The dog is big.

of one's own ~ing にも両方の働きが有ります。
①名詞を修飾する。of one's own ~ing は、もっぱらこの用法が普通です。こちらで覚えた方がいいです。
This is a picture of my own painting.
名詞 + of one's own ~ing の形ですね。
②補語になる
This picture is of my own painting.
まれにこの用法があります。

be 動詞の後に形容詞が来るのは、普通のことです。
He is in good health.
= He is healthy.
「彼は健康的だ」
つまり前置詞句が形容詞の働きをしているときは、be動詞の後にくることもあるということです。
いかがでしょうか?

あ、それから、この of one's own ~ing は文語体なので、会話では使われません。
I painted this picture.
This is a picture (which) I painted.
などが、いいでしょう。

質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が気に入ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

want to ~ じゃないの?

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:先日の以下の問題です。
to be sharpenedが選択肢に有りませんでしたが、
これがあればこちらも正解でしょうか?
need ~ingで「される必要がある」という
のがなかなか理解できません。
他にもこのような用法はどのような場合にあるのでしょうか?

20. This pencil needs (  ).

(1) sharpen
(2) sharpening
(3) being sharpened
(4) having sharpened

 ↓
 ↓選んだ?
 ↓
 ↓
 ↓
●Answer
(2) sharpening

「この鉛筆は削る必要がある」
need ~ing 「~する(される)必要がある」

 ↓

A:おっしゃる通りです。
This pencil needs sharpening.
= This pencil needs to be sharpened.
また人を主語にすれば
I need to sharpen this pencil.
です。

訳は「この鉛筆は削る必要がある」ですが
物を主語にした場合、厳密には「削られる必要がある」です。
need ~ing はアメリカ英語で好まれるようです。
イギリス英語では、need to be p.p. も使えます。

こう考えたらどうでしょうか。
I need money. のように、need は名詞を目的語にとります。
例えば、The car needs repairing. だと、repairing「修理」という名詞の働きをする動名詞が目的語になっているのです。
「その車は修理を必要とする」です。
なお、need ~ing = want ~ing です。


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が気に入ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

there being について

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:海王星に生物がいる可能性はどれくらいありますか?とうい英文のWhat is the probability of there being creatures on Neptune? の文構造を教えて下さい。
being は分詞構文ですか?

 ↓
 ↓
 ↓
A:結論から言うと、分詞構文ではありません。
動名詞です。
the probability of 名詞(または代名詞)で、「~の可能性」の意味があります。
of(前置詞) の後には、名詞か動名詞(~ing)が来ます。

他の例文で考えてみます。
He is proud that his father is a doctor.
= He is proud of his father being a doctor.
「彼は父が医者であることを誇りに思っている」
of の後には動名詞(~ing)が来ます。

彼が医者であるなら、He is proud of being a doctor. でいいのですが、そこに「父が医者である」という意味を伝えたい時には、動名詞の前に意味上の主語を置きます。

意味上の主語は名詞の場合はそのまま置くのが普通ですが、his father's というように所有格にしてもいいです。

質問文に戻りますが、there is ~構文では、there を主語のように扱って、there being ~「~があること」とします。



質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が気に入ったらクリックして下さい。
 ↓↓↓
人気blogランキング

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。