最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

現在完了の訳し方

yahoo 知恵袋に投稿しようと思っていたけど、投稿する前に「ベストアンサー」が決まってしまうことがよくあります。

そんな「浮かばれない投稿」を記事にしておきます。

Q: mit********さん
英語「現在完了形」で質問があります。

My sister has wanted to live alone since she was a junior high school student.

という英文があり、教科書では「have wanted to do=ずっと〜したかった」と訳せと書いてあるのですが、自分の考え方では「have wanted to do=ずっと〜したいと思っている」と思うのですが、これは間違いなのでしょうか?この違いを詳しく教えてください!





A: これは「日本語の問題」です。
日本語の助動詞「た(だ)」の用法。

① 過去 …すでに過ぎ去った。「~した」
例) 「きのう私はテレビを見た」
I watched TV yesterday. 単なる過去の事実を言います。

② 完了 …ちょうど動作が終わる。「~して今…だ」
例) 「春が来た」
Spring has come. 春が来て今も春です。

③ 存続 …状態が続いている(~ている・てある)。
例) 「私ずっとそれ欲しかったの」
I have long wanted it. 前から欲しかったし今も欲しいと思っている。昔、欲しかったという単なる過去の事実ではありません。

ご質問の文は明らかに③の用法の「た」です。
英語では、現在完了を用いなければ、この状態は表せません。
現在完了の継続の用法で「ずっと~している」です。
ただ、これを日本語では「欲しかった」と表現するだけことなのです。
スポンサーサイト



時制の一致とは

携帯サイト最強の英文法に寄せられた「英文法に関する質問と回答」を掲載します。
あなたの疑問解決に少しでもお役に立てれば幸いです。

Q:けんさん

My father said he felt he was lonely

この文のようにsaidの時制が過去でさらにまたfeltの時制も過去の場合feltの節の時制の一致は起こるのでしょうか?

お願いします。

 ↓
 ↓
 ↓

A:オッハー(管理人)

けんさん、質問どうもです!

英語の時制は「現在から見てどうなのか」で決まります。

一つ一つの動詞について、現在のことは現在形で、過去のことは過去形で、過去のある時点よりもっと前のことは過去完了形(大過去)で表すのが基本です。

質問文では、said「言った」もfelt「感じた」も was「~だった」もすべて過去のある時点でのことなので、過去形で表しているだけです。

しかし、日本語では、主節が過去の表現であっても従属節を現在形で表現することが多いのです。

例)He learned French when he was young.
「彼は若いころ、フランス語を習った」

英語では、彼がフランス語を習った時期に、彼が若かったので、was を用いるわけです。
日本語では「若かった」と過去の表現を使うこともあるのですが、ほとんど「若い」というように現在の表現を用いるのです。
これが混乱の原因だと思います。

「時制の一致」というのは、その混乱を減らすために機械的に定めた原則のようなもので、いくらでも例外はあります。

例)The earthquake last night was the severest we have ever had.
「昨夜の地震は今まで経験した中で最も激しいものだった」

地震が起きたのは昨夜で過去のことですが、従属節の内容である経験は今も変わらないので、現在完了で表現しているわけです。




RE:けんさん

ありがとうございます。現在から見て考えれば分かりやすいですね。




英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング



またまた時制の一致

またまた時制の一致

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:
仮定法の文(想像上の時間が重視される)
He said if he were a bird, he would fly to her.
「僕が鳥なら彼女のもとへ飛んで行くのだがと彼は言った」の
<想像上の時間>の時間とは現在ありえないことを仮定していることで、それは過去形で表しますが、
もし時制の一致を受けるのなら、過去完了にして過去におけるありえない仮定として表すことになるのですか?

 ↓
 ↓
 ↓

続きを読む »

また時制の一致

また時制の一致

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:
歴史上の事実(常に過去形)
We knew that the French Revolution broke out in 1789.
「私たちは、フランス革命が1789年に起こったことを知っていた」
とメルマガの解説にあったのですが、
もし時制の一致を受けるなら
the French Revolution broke out in 1789 の従節のところが主節より前のこととみて
大過去を表す過去完了 had broken out となるということを言ってらっしゃるのでしょうか?


 ↓
 ↓
 ↓

続きを読む »

時制の一致

時制の一致

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:
前のメルマガの解説に載っていた文で、
事実  None of them knew where he is.  
「彼らはだれも彼がどこにいるのか知らなかった」
これ は where he is「彼がどこにいるのか」が事実ということなのでしょうか?
それとも全体の文、「彼がどこにいるのか誰も知らない」というのが事実ということで時制の一致を受けないということなのでしょうか?すみませんがよろしくお願いします。

 ↓
 ↓
 ↓

続きを読む »

時・条件を表す副詞節

時・条件を表す副詞節では…

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:
仮定法現在で、「時・条件を表す副詞節は未来のことであっても動詞は現在形を用いる」とありますが、なぜあえて、わざわざ「時・条件」だけにしぼっているのでしょうか。
“理由や譲歩を表す副詞節は未来時制を使う”ということなのか、理由を表す副詞節が頻繁に仮定法に使われないからあえて記述されていないだけなのか、教えてください。
例えば「明日は雨なので、私は家にいるつもりです。」
As it rains tomorrow,I will stay at home.でしょうか、
As it will rain tomorrow,I will stay at home.でしょうか。 また、普通、副詞節にwillがくると、主語の意志強い場合とされますが、
Since you won't help me,I must do it by myself.
「あなたが手伝ってくれないので、私はそれを一人でしなければならない。」のwon'tが、もし未来時制のwon'tなのであれば、理由を表す副詞節に未来時制を使えるということになりますが、このwon'tは単にyouの意志なのでしょうか。 

 ↓
 ↓
 ↓
     

続きを読む »

since などの語と時制

気持ちで使い分けるのだ!

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:「5年前に犬が死んだ」ということを英文で表現するときいくつかの表現があると習いました。
そのいくつかはどんなものですか。

It is five years since my dog died.
It has been five years since my dog died.
Five years passed since my dog died.
Five years has passed since my dog died.
My dog died five years ago.
My dog has been dead for five years ago.
My dog has been dead since five years ago.

これであってますか?他にも構文がありますか。
教えてください。お願いします。
 

 ↓
 ↓
 ↓
                    人気blogランキング

続きを読む »

現在完了と過去を表す語句

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:I'm glad(to have helped you)last week.
この問題でhave helpedで現在完了だからlast weekと過去を表す語とは一緒に使えないと考えてしまって他の選択肢を選んでしまいました;
現在完了と完了不定詞の違いはどこで判断するものなんでしょうか?

 ↓
 ↓
 ↓

続きを読む »

副詞節の時制って…

 副詞節の時制の混乱が多いようですが…

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:As soon as I entered university, I joined the debate club. I still belonged to that club and take part in its activities.
この問題で間違えを見つける問題なんですが、正解がbelonged→belongでした。as soon as のような時の副詞節の後は原形になると覚えてたんですがこの場合なぜならないんですか? 

 ↓

 A:大学に入ったのも、弁論部に入部したのも、過去のできごとなので、過去形で表します。
また、still「今でも」という語が示すように、今も弁論部に所属していて、活動に参加しているので、これらは現在形で表します。

注意してほしいのは、「副詞節の後は原形」という覚え方です。その覚え方はやめたほうがいいと思います。

文の前半は過去の話ですから、副詞節であろうと、過去形で表します。
たぶん、「副詞節の中では未来の内容は現在形にする」と習ったのではないでしょうか。原形ではなくて。
それと混同しているのかもしれませんね。

If it rains tomorrow, I'll stay home.
ここでも、tomorrow がついていますが、現在はっきりしていることなので、現在形で表現しているだけなんです。

It rains tomorrow.「明日雨が降る」
It doesn't rain tomorrow.「明日雨が降らない」
今現在この2つの条件しかありませんね。
今現在はっきりしていることは現在形で表すのです。
そして、質問文は過去のことですから、過去形で表しているだけです。
 

質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

再度、過去形と過去完了形の違い

「コメント」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:I lived in Paris for three years when I was a child. という文章で、なぜlivedになるのでしょうか?had livedでも子供の時の経験を今あらわしていることにならないのでしょうか?

 ↓

A:私も時制で悩んだことがあるので、疑問点はよくわかります。

私の場合は、日本語で「~したことがある」→経験を表す→英語では「完了形を用いる」という誤った固定観念に、問題点がありました。

I lived in Paris for three years when I was a child.
「子供のとき、3年間パリに住んでいた」
という文章は
I lived in Paris 10years ago.
「私は10年前にパリに住んでいた」
という文章と同じで、単なる過去の事実を表しているのです。
あなたも、後の文章は過去形にしますよね?

じゃあ、「私は10年前にパリに住んでいたことがある」と日本語で書かれていたらどうしますか。
やはり、
I lived in Paris ten years ago.
なのです。
これを、完了形で書くのは、間違いです。
「~ことがある」という日本語→経験→完了形
という機械的な作業をしているからです。


じゃあ、どういうときに完了形を用いるのか。
これを理解するには、前のコメントでも言いましたが、現在完了形を理解する必要があると思うのです。

I lost my pen.
「私はペンをなくした」
I have lost my pen.
「私はペンをなくした」
これら2文の違いを理解することです。

前の文は、単なる過去の事実を述べています。話した人には、今そのペンがどうなったのかは、どうでもいいことなのです。ぺんは見つかっていないかも知れないし、見つかって手元にあるかも知れないのです。
後の文は、今よりも前にペンをなくして、そのペンは今も見つかっていないということを表しているのです。

つまり、現在完了形は、過去の出来事が現在どうである、言い換えると「現在よりも前の出来事を現在と結びつけて言う」時に使うのです。
この時制を、そっくりそのまま、過去に移動して下さい。
過去完了形は、「過去よりも前の出来事を過去のある時点と結びつけて言う」時に使うのです

次の例文を考えて下さい。
I lived in Paris for three years when I was a child.
「子供のころ、私は3年間パリに住んでいた」
I had lived in Paris for three years when I became 20 years old.
前の文は、過去にこんなことがありましたという単なる過去の事実を述べているだけです。この場合は、過去形で表します。
後の文は、「20歳になった」という過去の基準が示されています。
そして、この基準よりも3年前にパリに住み始めて、20歳の時点で、3年間住んでいたことになったわけです。
つまり、「過去よりも前の出来事と過去とを結びつけて言っている」わけです。

えっ、前の文も、when I was a child っていう基準がありますよと思われるかもしれません。
でも、「私が子供のころ」より前って、赤ちゃんのときですか?それとも生まれる前ですか?
違いますね。「子供のころ3年間パリに住んでいた」のですよね。
つまり、when I was a child は、過去の基準になっていないのです。

わかりにくければ、when 以下の動詞が状態の動詞であれば、過去形で、when 以下の動詞が変化・動作の動詞なら過去完了形になると覚えておいても、区別はできます。
when I was a child →「子供だった」→状態→主節の動詞は過去形。
when I became 20 →「20歳になった」→変化→主節の動詞は過去完了形 ということです。

私の希望としては、現在完了形を理解して、それを過去完了形や未来完了形にも応用して使ってもらいたいと思います。

質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が気に入ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

過去形と過去完了形の違い

「コメント」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:"Have you seen that movie?"
"Yes. When I was in Tokyo, I (  ) it three times."

この文の場合、単なる過去の事実ととらえるのでしょうか、それとも経験だから過去完了とするべきなのでしょうか、教えてください。m(._.)m

 ↓

A:これってみんな悩まされる問題なんですよね。
私も悩みました。(ToT)

質問文は、結論から言うと、過去の事実だから過去形で表します。
つまり、saw が正解です。

これを理解するためには、現在完了形をしっかり理解しておく必要があると思うのです。
完了形は、いくつかの意味を表せるのですが、全部説明すると、複雑になるので、完了形の「経験」にしぼって、説明しますね。

I have visited Kyoto three times.
「私は3回京都を訪ねたことがある」(経験)

京都に行ったのは、昔の話なのに、なぜ、現在完了形で表したのでしょう。
I visited Kyoto three times.
「私は3回京都を訪ねた」
とどう違うのでしょう?

単なる過去を用いた文は、過去の事実しか述べていません。
「過去にこんなことがあった(または、した)」と言うことだけ伝えたければ過去形でいいわけです。

現在完了形は…
「今まで」にあったことと「今」とをつなげて述べています。
「過去にこんなことがあって、今はこんな経験を持ち合わせている」ということを言うときに使うわけです。
つまり、現在のことを言うのが現在完了形です。
単なる現在形との違いは、完了形が、「現在より前のことがら」と「現在」とをつなぐ働きがあるということです。

そして、過去完了形は、その時制がそのまま過去にずれたものです。
過去完了形は…
「過去のある時点より前のことがら」と「過去のある時点」とをつなぐときに使います。
「~したことがあった」→経験だ→過去完了にしよう
と、日本語で機械的に考えると間違ってしまいますよ。

例)He hadn't seen a snowfall until that day.
「その日まで、彼は雪が降るのを見たことがなかった」
いつかわかりませんが、「その日」が基準になっていますね。
「その日よりも前のことがら」と、「その日」が結びついています。

ところが、質問文は、
「東京にいるとき、3回その映画を見た」
というただの過去の事実です。

私の挙げた例文との違いがわかるでしょうか。
私の例文では、「その日」が基準となっています。
しかし、質問文には基準がありません。
「東京にいるとき」という基準があると思われるかもしれませんね。
でも、過去完了形は、「過去より前のことがら」と「過去」とをつなげたい時に使うのですよ。
「東京にいるとき」より、前っていつですか?
「大阪にいたとき」ですか?
違いますね。
「東京にいるとき」映画を見たんですね。
つまり過去の事実です。
この文では、「東京にいるとき」っていうのは、基準になっていないのですよ。

長々と説明しましたが、わかっていただけたでしょうか。
現在完了形が理解できれば、時制をずらすだけで、過去完了形や未来完了形にも応用できます。


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が気に入ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

 | ホーム |  »»

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析