最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

冠詞の位置(2)

鍊 携帯サイト最強の英文法に寄せられた「英文法に関する質問と回答」を掲載します。
あなたの疑問解決に少しでもお役に立てれば幸いです。

Q:めんさん

こんにちは!

文法のことで質問です。

I have lived about as solitary a life as a modern man can have.

という文なのですが、solitary a life の aの入る位置がどうしてここなんでしょうか。

ちなみに辞書の例文にはlead a solitary life で載っていました。

 ↓
 ↓
 ↓

A:5さん

もちろん、通常は、a solitary life (孤独な生活) という語順ですが、
副詞 as で solitary を修飾する場合は、
as solitary a life という語順で使います。

このことは、他にも so, too, how で起こります。


RE:めんさん

ありがとうございます。
辞書で例文も探してみましたが、語順は5さんの
教えてくださったようになっていました。


A:ラーメン(´ー`)さん


副詞が修飾するものの一つには、形容詞があります。(名詞は修飾しない)

そして今回の場合は、副詞(as)が修飾する形容詞を引きつけて、aから抜け出しasとくっついたと言うわけです。

因みに、「such+a+形容詞+名詞」と、「so+形容詞+a+名詞」のような文法があったと思いますが、これの場合も同じ理由からです。

この場合、suchは形容詞として働くので、後ろに名詞句、soは副詞として働くので、後ろに形容詞がきています。

分かっているとは思いますが、「a+形+名」で一つの名詞のように捉えています(名詞句)。


ああ、この場合は比較の分野ですね。

as asの中は形容詞+名詞のパターンのほうでしたねf^_^;


RE:めんさん

ラーメン(´ー`) さん、ありがとうございます!
詳しく説明していただき、わかりやすいです!

文法は苦手でこれからもたびたび質問をすると思うので、またそのときはよろしくお願いします!





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング



冠詞の位置

five times の品詞は?

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:
A horse can require five times the salt intake of a human.
と言う文で、five times「5倍の」は形容詞でしょうか。
ならばなぜtheの後ろに来ないのですか?

副詞なら、five timesを文末に移動できますか?どうしてこの位置なのでしょうか?
お願いします。


 ↓
 ↓
 ↓

続きを読む »

あなたの意見も聴いてみたいです。

関係詞の先行詞と冠詞について

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:
「私はサッカーを上手にする少年を知っています。」
I know (  ) boy who plays soccer well.の文ですが、aとtheのどちらでも意味は同じですか?あるいはどちらがふさわしいのでしょうか?


 ↓
 ↓
 ↓


続きを読む »

抽象名詞

baby in car は変でしょう!

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:
①バスで=by bus のように、aが付かないのはなぜですか。
theは変だと思いますが・・・。あるいは、複数形にしないのですか?

②よく、車の後ろに「baby in car」とありますが、これもどうなんでしょうか?
「baby」「car」ともに数えられるのに、冠詞も複数形もないのが疑問なんです。お願いします。
 
 ↓
 ↓
 ↓

続きを読む »

冠詞の位置

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:解説に、[half、double、one-third]+ the + 名詞 とありますが、辞書にはdoubleの形容詞のところに a double seat とか a double helping などと載っていて、副詞のところには at the double speed などになっていて、使い分けがよく分かりません。

one-third も同様です。どのように使えば良いのですか?

あとhalfのところが、half an hour になってますが、halfの場合は a なんですか?? 教えて下さい!!m(_ _)m

 ↓
 ↓
 ↓

                         人気blogランキング

続きを読む »

much snow と a heavy snow

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:文中に「大雪」とでてきて、私はmuch snowとしました。ですが答えにはa heavy snowと出てました。muchとheavyは何が違うんですか??教えてください。
 

 ↓

続きを読む »

a か the か? その違い

不定冠詞か定冠詞か?

「コメント」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:「彼は子供を長いすの上に寝かせた。」という英訳の解答でHe laid his child on a sofaとあるんですがなぜon the sofaではいけないのでしょうか?普通、on the bed なりon the chairとかthe を使うと思うんですが。お願いします。

 ↓

A:初めて出てくる数えられる名詞には、普通 a をつけます。
また特に特定する必要のないときには、a を使います。

それに対して、初めて出てくる場合でも、話し手同士で、特定できるものには、最初から the をつけます。
例えば、「窓を開けて下さい」と言うときには、
Please open the window. と言います。
これは、話し手同士で今、自分たちのいる部屋の窓とわかるからです。わざわざ、別の部屋の窓を開けに行ったりはしないでしょう。

go to the library や go to the park なんかもその町にある図書館や公園を指していることになります。
相手がわかってくれていると思う場合は、the を使います。

また、on the bed ですが、これは、いつも自分が使っているそのベッドという気持ちで使っているはずです。
つまり、特定できるという気持ちがあるときは、最初から the を用います。

質問文は on the sofa ではないのかというご質問ですが、その通りです。
普通、on the sofa と言うでしょう。
その部屋のソファとわかっているからです。

話し手がある特定のソファをイメージしているときは、the が付くのです。
だから、別にどのソファでもよくて、いくつかあるソファの「あるソファ」に寝かしたという気持ちであれば、a sofa も間違いではありません。


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が気に入ったらクリックして下さい。
人気blogランキング


食事の名前の前の冠詞

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:He has already eaten lunchという文にはlunch の直前に冠詞がつかないのはなぜなのですか?英語は大の苦手で今はじめのはじめから勉強しなおしています。くだらない質問だったらごめんなさい。


 ↓

A:breakfast, lunch, dinner などの食事の名前の前には、普通、冠詞( a, the )を付けません。
He has already eaten lunch. の lunch も、「昼食というもの」ぐらいの意味で、「一つの具体的なまとまり」としては、意識していません。
また、その lunch の内容が何であるのかも意識していません。
この lunch は目に見えない抽象的なものです。

ところが、lunch に形容詞が付くと、a を用います。
I had a special lunch.
この場合、「一つの具体的なまとまり」を意識しています。例えば、サンドイッチとサラダとコーヒーがセットとなったものなどを意識しています。また、「これがスペシャルランチです」と、相手に具体的に示すことができます。

つまり、「昼食というもの」という意味で使うと、冠詞はつきません。
形容詞を伴って、具体的なものを意識すると、a が付きます。

また、lunch を「弁当」という意味で使うと a がいります。
I bought a lunch at the station.「私は駅で弁当を買った」


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が気に入ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad