最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

英語のことわざ 016

 今日も試験に役立ちそうなことわざを挙げておきます。

■役立ちそうな英語のことわざ

016. Bad money drives out good.

 ↓
 ↓日本語では?
 ↓
 ↓
 ↓

016. 悪貨は良貨を駆逐する。

----------

■ここでは drive の用法について覚えます。

グレシャムの法則のことで、金本位制の経済学の法則のひとつ。
グレシャムとは、十六世紀、エドワード六世・エリザベス一世の治世に財務顧問を担当した貿易商です。
「駆逐する」とは「追い払う」ということです。

これが転じて、悪人(または質の悪い物)がのさばる社会では善人(質の良い物)が追い払われるという意味で使われることがあります。

さて、今日覚えてもらいたいのは、drive の意味です。
drive は「(車や馬車などを)運転する」という意味があります。
ちなみに、自転車やオートバイに乗るのは、ride です。

drive には他に「追う、追いやる、追い払う」という意味もあります。

当然、このことわざでは、後者の「追い払う」という意味で用いられています。

out は「外に」という意味があります。
drive out ~で「~を追い払う」とか「~にとって代わる」という意味になります。



トップページに戻る



英語のことわざ 015

 今日も試験に役立ちそうなことわざを挙げておきます。

■役立ちそうな英語のことわざ

015. Beauty is but skin-deep.

 ↓
 ↓日本語では?
 ↓
 ↓
 ↓

015. 美貌は皮一重。

----------

■ここでは but の用法について覚えます。

今日のことわざを直訳すると、「美しさはわずか皮一重」

見た目の美しさは表面的なもので、中身が大切だという意味のことわざです。
外見だけで判断をしてはならないということです。
そこから日本語では「見目より心」ということわざになります。

このことわざの but は、「ほんの、たった」などの意味で、副詞の only と同じです。


トップページに戻る



英語のことわざ 014

 今日も試験に役立ちそうなことわざを挙げておきます。

■役立ちそうな英語のことわざ

014. As you sow, so shall you reap.

 ↓
 ↓日本語では?
 ↓
 ↓
 ↓

014. 身から出たさび。
  自業自得

----------

■ここでは As ~, so …について覚えます。

今日のことわざを直訳すると、「あなたが種を蒔くように、あなたは刈り取ることになるであろう」となります。
そこから、「自分がしたことが、自分に返って来る」という意味になります。

日本語のことわざでは、「身から出たさび」とか「自業自得」となります。
ただし、英語のことわざでは、必ずしも悪い意味ばかりではなく、良いことをすれば、良いことが返って来るというように良いことにも使えます。

この言葉は聖書のガラテヤ人の手紙6の7にある表現です。

As ~, so …「~と同様に…」の意味があります。
また、shall は、神の意志を表し「~することになるであろう」という意味です。

so shall you reap の部分は、倒置をおこしています。
so が文頭に出ると、強調で倒置を起こすことが有ります。





トップページに戻る



英語のことわざ 013

 今日も試験に役立ちそうなことわざを挙げておきます。

「ことわざって覚えた方がいいんですか」という質問がありました。
試験に出るのかと言われると、あまり出ないと思います。
しかし、覚えた方がいいんですかと言われたら「覚えた方がいい」としか私は言えません。
そんなわけで、試験に役立ちそうなことわざを気が向いたら挙げていきます。

■役立ちそうな英語のことわざ

013. All work and no play makes Jack a dull boy.

 ↓
 ↓日本語では?
 ↓
 ↓
 ↓

013. 「よく学びよく遊べ」

----------

■ここでは、make の用法について覚える!

work は「労働」だけではなく「勉強」という意味もあります。

play はここでは「遊び」の意味です。
「勉強ばかりして遊ばないこと」が主語になっています。

次に make ですが、ここでは S+V+O+C の第5文型を取っています。
「O を C にする」という意味になります。

「ジャックを愚鈍な子にする」ぐらいの意味になります。


この「ジャック」ですが、英米ではよくある愛称で、日本語の「太郎」のように男性を代表する名前として用いられます。
特定の人物を指すわけではありません。

dull は「頭の鈍い、鈍感な、やる気のない」などの意味があります。

直訳すると「勉強ばかりして遊ばないと、ジャックはばかになる」となります。
「仕事ばかりして遊ばないとつまらない人間になる」と解釈してもいいでしょう。


復習です。

「よく遊びよく学べ」

 ↓
 ↓In English?
 ↓
 ↓
 ↓

All work and no play (   ) Jack a (   ) boy.


トップページに戻る



英語のことわざ 012

■役立ちそうな英語のことわざ

012. All is not gold that glitters.

 ↓
 ↓日本語では?
 ↓
 ↓
 ↓

012. 「光るもの必ずしも金ならず」

   (人はみかけによらぬもの)


「光っているからと言ってそれが金だと判断してはいけない」という意味。


別の解釈

「金でなければ光れないというわけでなない」

金色でなくとも自分だけの色で光ることが出来るという意味。

----------

■ここでは、部分否定について覚える!


否定語( not など)と特定の語が一緒に使われると、部分否定になる。

部分否定とは「必ずしも~というわけではない、~とは限らない」という表現である。

使われる語句により「すべてが~というわけではない、~とは限らない」という表現になることもある。

例)

not all「全てが~というわけではない」
not every ~「全ての~が~というわけではない」
not both「両方とも~というわけではない」
not always「必ずしも~というわけではない」
not necessarily「必ずしも~というわけではない」
not very「あまり~ない」

など。


また本日のことわざの that は関係代名詞である。

先行詞は All であるが、このように先行詞から離れたところに関係詞が来ることがある。

文の述語( is not gold )が非常に短い場合、このようになることがある。


復習です。

「光るもの必ずしも金ならず」.

 ↓
 ↓In English?
 ↓
 ↓
 ↓

(   )is not gold (   ) glitters.


 トップページに戻る


姉妹サイト「最強の英文法」を見る



英語のことわざ 011

「ことわざって覚えた方がいいんですか」という質問がありました。
試験に出るのかと言われると、あまり出ないと思います。
しかし、覚えた方がいいんですかと言われたら「覚えた方がいい」としか私は言えません。
そんなわけで、試験に役立ちそうなことわざを気が向いたら挙げていきます。

■役立ちそうな英語のことわざ

011. A word is enough to the wise.

 ↓
 ↓日本語では?
 ↓
 ↓
 ↓

011.「一を聞いて十を知る」

(賢者には一言で足りる)

----------

■ここでは、the + 形容詞を覚えます。


the + 形容詞

1.「~な人々」 the wise = the wise people 「賢者(たち)」

2. 抽象名詞 になることもあります。 the beautiful = beauty 「美しさ、美」


今日のことわざでは、当然 1. の用法です。

一言は賢者(たち)にとっては十分である。

 ↓

賢者には一言で足りる。

 ↓

一を聞いて十を知る

 ↓
 ↓In English?
 ↓
 ↓
 ↓

A word is enough to (   )(   ).

= A word to the wise is sufficient.





 トップページに戻る


姉妹サイト「最強の英文法」を見る

英語のことわざ 010

 今日も試験に役立ちそうなことわざを挙げておきます。

 ■役立ちそうな英語のことわざ 

 010. A wonder lasts but nine days. 
 ↓  
 ↓日本語では?
 ↓
 ↓
 ↓
 010. 人の噂も七十五日

 ---------- 

  ■ここでは last の用法について覚えます。 

 今日のことわざを直訳すると 「驚きも9日しか続かない」

 last は普通「最後の」という意味です。 
しかしここでは「続く」という意味の動詞として使われています。 

また but は「しかし」ではなくて、「~しか…ない」= only の意味で使われています。 



 姉妹サイト「最強の英文法」を見る

英語のことわざ-009

 今日も試験に役立ちそうなことわざを挙げておきます。

■役立ちそうな英語のことわざ

009. A stitch in time saves nine.

 ↓
 ↓日本語では?
 ↓
 ↓
 ↓

009. 今日の一針明日の十針。

----------

■ここでは save の用法について覚えます。

今日のことわざを直訳すると、「適時の一針は九針の手間を省いてくれる」

わずかの苦労を惜しんで手遅れになれば、後になってそれだけ労力も費やさねばならない。わずかの労苦を惜しではならないというたとえ。

いつも物事を後回しにしてしまう私には耳が痛い言葉です。

in time「間に合って」
on time「時間通りに」
これも区別できるようにしておきましょう。

save には「救う、蓄える、守る」などの意味もあります。
しかしここでは「(労力、時間、お金)を節約してくれる」という意味で用いられています。

例)Your help saved me a lot of work.
  「あなたが手伝ってくれたので、非常に手間が省けた」


英語のことわざ-008

今日も試験に役立ちそうなことわざを挙げておきます。

■役立ちそうな英語のことわざ

008. A sound mind in a sound body.

 ↓
 ↓日本語では?
 ↓
 ↓
 ↓

006. 健全なる精神は健全な肉体に宿る。

----------

■ここでは sound について覚えます。

sound は形容詞で「健全な」
名詞 を修飾します。

sound は名詞では、「音、響き、物音」という意味です。

noise「耳障りな音、雑音」
tone「心地よい音楽的な音」

sound は動詞では、「~に聞こえる、~に思われる」
That sounds interesting.「面白そうだね」
などの用法があります。


今日もポッチン押してもらえると嬉しいです。→ 人気blogランキング

英語のことわざ-007

今日も試験に役立ちそうなことわざを挙げておきます。

■役立ちそうな英語のことわざ

007. A rolling stone gathers no moss.

 ↓
 ↓日本語では?
 ↓
 ↓
 ↓

006. 転石苔をむさず。
  (転がる石にこけはつかない)

----------

■ここでは rolling について覚えます。

rolling は現在分詞で「転がっている」
名詞 stone の直前に置いて、後の名詞 stoneを修飾しています。

rolling 以外に他の目的語や修飾語が付くと、分詞は名詞の直後に置き前の名詞を修飾します。
例)a stone rolling down the hill
 「丘を転がり落ちる石」

なお、このことわざの意味は、あまりよくないことに使われるようです。

Moss is a type of small plant that grows on stones, particularly in places that are wet.
In this proverb, the stone represents life, and the moss represents success, particularly money. Obviously, plants cannot grow on a stone that is always moving, and so this proverb says that people who are always changing jobs or moving to different places or moving from hobby to hobby without staying for very long at each one -- these people will never be successful or wealthy.
「ころころ職を変えたり、引っ越したり、趣味を変えたりする人は成功もしないし、富も得られない」といった意味です。

しかし、アメリカ英語では、

This is a proverb that suggests it is better to keep moving than to stop and stagnate.
「一ヶ所に安住せずに活動的であるほうがよい」
といったいい意味で使うようです。



今日もポッチン押してもらえると嬉しいです。→ 人気blogランキング

英語のことわざ-006

今日も試験に役立ちそうなことわざを挙げておきます。

■役立ちそうな英語のことわざ

006. A man is known by the company he keeps.

 ↓
 ↓日本語では?
 ↓
 ↓
 ↓

006. 人は付き合っている人間でわかる。

----------

■ここでは be known について覚えます。

be known to ~ 「~に知られている」
by を取らない受動態として覚えましょう。

しかし、いつも to ~ を取るわけではありません。
to ~ が省略されることも多いのです。

例文は、
A man is known to us by the company he keeps.
「人はその人が付き合う仲間によって私たちにどんな人かが知られる」
ぐらいの意味になります。
to us, to them などは省略されます。

次の文はどうでしょう。
「彼女はピアニストとして有名です」
She is well known (  ) a pianist.


 ↓
 ↓

as 「~として」

be well known as ~「~として有名だ」

おさらいです。

006. 人は付き合っている人間でわかる。

 ↓
 ↓英語で言ってみよう!
 ↓
 ↓
 ↓

006. A man is (  )(  ) the company he keeps.



今日もポッチン押してもらえると嬉しいです。→ 人気blogランキング

 | ホーム |  »»

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad