最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

英語で指示をする

英語の授業を英語で


英語の授業をほんの少しでも英語でできるように
少しずつ、授業内で使える表現をお伝えして行きます。

今日は、英語で指示をしましょう。


英語で指示をする

-----------------------

Take out your textbooks and notebooks.
「教科書とノートを出してください」

Get your notebooks out.
「ノートを出してください」


Open your textbooks to page 25.
「25ページを開けてください」

Turn to page 26.
「26ページを開けてください」

Look at the next page.
「次のページを見てください」


Everybody, look at the board.
「みなさん、黒板を見てください」

Please copy the sentence on the board in your textbooks.
「ノートに黒板の文を写してください」

Write this sentence straight into your notebooks.
「この文をそのままノートに書いてください」

--------------------------

全部覚えてもらう必要はありません。

クラスによっては、極端な話、一つの文だけでも覚えてもらえればいいです。

毎回、授業で使う「お決まりの言葉」が増えて行けばいいですね。







関連サイト

英語で英語の授業を行う力をつける方法


授業開始の表現

英語の授業を英語で


英語の授業をほんの少しでも英語でできるように
少しずつ、授業内で使える表現をお伝えして行きます。

今日は、授業の開始時の表現です。


------------------------------------

授業開始

Let's get started.
「では、授業を始めましょう」

It's time to start now.
「さあ、始める時間です」

I'll start the lesson, now.
「では、授業を始めます」

now の前のコンマは付けても付けなくてもいいです。



Are you ready?
「準備はいいですか」



Where were we last week?
「先週はどこまでやってましたか」

How far did we get last time?
「前回はどこまで行きましたか」

Where did we leave off last week?
「先週はどこまで行きましたか」


Do you know where we are today?
「今日はどこからかわかりますか」



We left off at line 10 on page 24.
「24ページの10行目まで行きました」

We got up to page 24.
「24ページまで行きました」

up to ~「~まで」

We finished Lesson 3 last week, didn't we?
「先週はレッスン3が終わりましたね」


We are going on to Lesson 4 today.
「今日はレッスン4に入ります」

-------------------------------------


なお、「先生」という呼びかけを、"Teacher." とか "Tanaka teacher." という生徒がいます。

これは、間違いなので、早いうちに訂正をしておきましょう。


正しくは、"Mr. Tanaka." とか "Ms Suzuki." とするのが、普通です。








関連サイト

英語で英語の授業を行う力をつける方法


始業のあいさつ2

英語の授業を英語で


英語の授業をほんの少しでも英語でできるように
少しずつ、授業内で使える表現をお伝えして行きます。

今日も、あいさつについてです。



始業のあいさつ

------------------------------

How are you, everyone?
「みなさん、お元気ですか」

How's everything, Tanaka-kun?
「田中君、調子はどうですか」

-------------------------------

この答えなのですが、色々議論があるようです。



Student : I'm fine.
生徒 : 「元気です」

これは、あまり用いられないというのです。




参考 http://okwave.jp/qa/q1084429.html

   http://onepoint.jugem.jp/?eid=73



Student : I'm OK.
     I'm all right.
     OK.
     Fine.
     Great.
     Not bad.
     「元気です」

     I'm not so good.
     I'm a little sick.
     「あまりよくないです」



あまり神経質にならなくてもいいと思います。
とりあえず通じればいい。

おかしければ訂正して行く。







関連サイト

英語で英語の授業を行う力をつける方法






はじめに

英語の授業を英語で


英語の授業をほんの少しでも英語でできるように
少しずつ、授業内で使える表現をお伝えして行きます。

今日は、あいさつについてです。


あいさつ

授業にかかわらず、何事も「あいさつ」からコミュニケーションは始まります。

------------------

始業のあいさつ


Good morning, everyone.
「みなさん、おはようございます」

Good afternoon, class.
「みなさん、こんにちは」

------------------


日本語で始めるより、英語で始めた方が
英語スイッチが入って、「よし、英語の勉強をするぞ」っていう気持ちになるのではないでしょうか。


「なるべく英語で授業をするようにしていく」ことを宣言しておくといいでしょう。
そうすると必ず

「はあ?意味わから~ん」
「無理、無理」
「わかるわけないじゃ~ん」

という生徒がいます。
必ずです。

私がそう言うと、必ずそう言う生徒がいますからわかります。


「大丈夫。いきなり全部英語でやるわけじゃありません」
「決まりきった英語を少しずついっしょに覚えて行きましょう」
「英語を言った後に日本語を言うから大丈夫」
「英語は使えば使うほど上達するから、みんなも英語で話してみてね」

などと安心感を与えて、協力を求めてみてください。






関連サイト

英語で英語の授業を行う力をつける方法



 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析