最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

未来を表す表現

yahoo 知恵袋に投稿しようと思っていたけど、投稿する前に「ベストアンサー」が決まってしまうことがよくあります。
そんな「浮かばれない投稿」を記事にしておきます。

2019-5-22

ID非公開さん


We are leaving for Newyork next fridayのare leavingをwill be leavingにしてはいけないのはなぜですか?



A: こWe are leaving for New York next Friday.
「私たちは来週の金曜日にニューヨークに経ちます」
We will be leaving for New York next Friday.
「私たちは来週の金曜日にニューヨークに経つことでしょう」

どちらも成立します。
どちらがいいのかと言えば、are leaving です。
なぜなら、next Friday があるからです。
このような「確定した未来」を表すときには、つまり暦や時刻表で決まっていることを言うときには、普通、現在形か現在進行形で表すからです。

例えば、「次のバスは何時にきますか」と尋ねられて、時刻表を見ると 8:15 に来ることがわかったとしたら
"The next bus comes at 8:15." か
"The next bus is coming at 8:15."と言うでしょう。
The next bus will be coming at 8:15. とは言わないと思います。
なぜなら、現在確定している未来だからです。

また、「急ぎなさい」と言われて、「今行きます!」と言う時を考えてください。
"I'm coming!" と言うでしょう。
なぜなら、絶対に行くということが確定しているからです。
決して "I'll be coming!"とは言いません。

確定していなくても、未来の内容を両方で言うことはあります。
普通の will come より、来ることが確定している場合が多いようです。
相手の意志、予定を問う場合です。
「今度またいついらっしゃるのですか」
When are you coming to see us again?
「今度またいつしらっしゃるのでしょうか」
When will you be coming to see us again?
どちらも同じです。
が、前者より後者の方がより丁寧な表現になります。



英文法の質問と回答をまとめています。

間接疑問文の訳

yahoo 知恵袋に投稿しようと思っていたけど、投稿する前に「ベストアンサー」が決まってしまうことがよくあります。
そんな「浮かばれない投稿」を記事にしておきます。

2019-5-11
cxi********さん

How does the author think East and West could easily meet?
和訳お願いします。。。



A: この文は
Does the author think?
「著者は思っていますか」
という文と
How could East and West easily meet?
「どのようにして、東と西が容易に交流できたのですか」
という2文が1文となった間接疑問文という形式の文です。

間接疑問文では、yes, no で答えられない時には、疑問詞(この場合 how )が文頭に出ます。
また、後の疑問文は平叙文の語順に戻します。

How does the author think East and West could easily meet?
「どのようにして東と西が容易に交流できたと著者は考えていますか」
という意味になります。
could meet は前後の文の文脈により「出会うことができた」と訳しても良いと思います。



英文法の質問と回答をまとめています。

前置詞+関係代名詞の後は完全な文が来る?

yahoo 知恵袋に投稿しようと思っていたけど、投稿する前に「ベストアンサー」が決まってしまうことがよくあります。
そんな「浮かばれない投稿」を記事にしておきます。

2019-5-7
ID非公開さん

Q:関係代名詞の問題です。
She had three sons, all(   )became doctors.
① of whom  ② which  ③ who  ④ of which

この問題なのですが、答えが①でした。前置詞+関係代名詞の後ろは完全文になる、と習ったのですが、①だと不完全文じゃないですか?ご教授下さい。



A: She had three sons, all of whom became doctors.
「彼女には3人の息子がいたが、その全てが医者になった」

この文は以下の2文から成ります。
She had three sons.
All of them became doctors.
後の文は All of them(主語)、became(動詞)、doctors(補語)の第2文型を取る完全な文です。
主語である All of them を用いて関係代名詞でつなぐわけですから、当然、whom 以下は主語のない不完全な文が来ます。

例えば、次の文を考えます。
This is a house in which I was born.
2文に分けます。
This is a house.
I was born in the house.
後の文は、I (主語)、was(動詞)、born(補語)、in the house(修飾語)の第2文型です。
修飾語である in the house を用いて関係代名詞でつなぐわけですから、当然、which 以下には完全な文が来ます。

結局、前置詞+関係代名詞の後には完全な文が来ますが、(代)名詞+前置詞+関係代名詞の後には不完全な文が来ます。
All of them は、つまり(代)名詞+前置詞+(代)名詞は、元の文の主語になっていたからです。

補足ですが、「前置詞+関係代名詞の後は完全な文」というような機械的な覚え方はあまりおすすめできません。
関係詞の問題は、2文に分けて、元の文がどうなっていたのかをチェックすると、正解が選べると思います。



英文法の質問と回答をまとめています。

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析