最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

No.83


■役立ちそうな英語のことわざ 

083. The proof of the pudding is in the eating.

 ↓ 
 ↓日本語では? 
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

083. 「論より証拠」

「プリンの味は食べてみないとわからない」というのが現在の一般的な和訳です。

もともとは、イギリス英語から来たもので、「プディングの中に何が入っているのかは、食べてみなければ分からない」という意味だったようです。

いずれにせよ「ものごとはあれこれ論じるよりも証拠を示した方が明らかになる」という意味です。



■ここでは単語の意味を覚える! 

まず、proof ですが「証拠、証明」という意味があります。
動詞は prove 「証明する」です。
prove to be true で「本当だとわかる(判明する)」という意味になることも覚えておきましょう。
= turn out to be true 
です。

次に pudding ですが、「プリン」と訳します。
アメリカ英語では pudding は、「小麦粉などに牛乳、砂糖、卵などを混ぜて焼いた(蒸した)やわらかいお菓子」になります。
日本でもプッチンプリンが代表するようなあのお菓子が、pudding です。

しかし、イギリスにおいては、中世に pudding と言うと、「腸詰め」のことを指していました。
豚や羊の腸にひき肉やオートミールや香辛料などを入れて茹でて作ったものだそうです。
干しブドウなど他にも色々と入れたようです。
中身がよくわからない料理なので、その中身は食べてみないとわからないということから出てきた言葉なのだそうです。
もともとは、プディングは食べてみないと中身がわからないという意味だったようです。

eating は「食べること、飲食」という意味です。
No eating.「飲食禁止」などで使えます。

the eating で「それを食べること」ぐらいの意味になります。



復習しましょう。 

「論より証拠」

 ↓ 
 ↓英語では?
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

The(   )of the pudding is in the(   ).


こちらに英語のことわざをまとめています。



英語のことわざ No.82

■役立ちそうな英語のことわざ 

082. The pen is mightier than the sword.

 ↓ 
 ↓日本語では? 
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

082. 「ペンは剣よりも強し」

「言論の力は武力に勝る」という意味です。

もともとは違う意味だったようですが(権力者が部下に発した言葉であったようなのですが)、現在は「言論の力は武力に勝る」と解釈するのが一般的です。



■ここでは the + 名詞の用法を覚える! 

the + 単数形の普通名詞 で、「~の性質、~の機能」といった抽象的な意味を表すことがあります。

the pen は「そのペン」ではなく、「文字にしたもの、書くこと、言葉」などを表します。
それが「言論(の力)」という意味を持つ語になっています。

また、the sward は「その剣」ではなく、「戦うこと、力で制すること」などを表します。
それが「武力」という意味を持つ語になっています。

そこから「言論は武力に勝る」という解釈になっています。

なお、mighty は「強い」という意味で、powerful よりも大きさと強さを強調した言葉です。



復習しましょう。 

「ペンは剣よりも強し」

 ↓ 
 ↓英語では?
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

The (   )is mightier than the (   ).


こちらに英語のことわざをまとめています。



英語のことわざ No.81

■役立ちそうな英語のことわざ 

081. The more danger, the more honor.

 ↓ 
 ↓日本語では? 
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

081. 「虎穴にいらずんば虎児を得ず」(こけつにいらずんばこじをえず)

「危険を冒さなければ、大きな成功は得られない」という意味です。

英語のことわざは「危険が大きいほど名誉も大きい」というのが直訳です。



■ここでは比較の構文を覚える! 

The 比較級 S+V ~, the 比較級 S'+V’~.
「~すればするほどますます~」

ことわざでは、danger も honor もどちらも名詞なので、more danger, more honor と more を付けて比較級の表現を作っています。

そのため、この構文が常に the more になると勘違いしている人がいます。

「高く上れば上るほどますます寒くなる」
× The more we go up, the more it gets cold.
〇 The higher we go up, the colder it gets.

文中に形容詞や副詞があれば、それらを比較級にしなければなりません。
We go up high.「私たちは高く上る」
It gets cold.「寒くなる」
元の文を考えて、それぞれ副詞の high や 形容詞の cold を比較級にして the を付けます。

なお、比較級に付いた the には「なおさら~、ますます~」という意味があります。

また、S+V ~ や S'+V’~ がない表現もあります。
The sooner the better.
「早ければ早いほど良い」
などです。



復習しましょう。 

「虎穴にいらずんば虎児を得ず」

 ↓ 
 ↓英語では?
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

The more(   ), the more (   ).


こちらに英語のことわざをまとめています。



 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析