最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

時制-03

No.003
■Choose the best answer for the blank.
適語(句)選択
03. I (  ) in Kyoto for three years when I was a child.
(1) live
(2) have been
(3) lived
(4) had lived
 ↓
 ↓答えた?
 ↓
 ↓
 ↓
●Answer
03.(3) lived
過去の事実は過去形で表します。
---------------------
I lived in Kyoto for three years when I was a child.
「私は子供のころ、3年間京都に住んでいたことがある」
単なる過去の事実は過去形で表します。
for three years があるからと言って、機械的に完了形を使ってはいけません。
例えば、現在完了形は、過去にある出来事があって、そして今どうなっっているということを述べる時に使います。
飽くまで現在完了は、現在の状況、経験、結果などを述べるものです。
He came to Japan three years ago. And he still lives in Japan.
→ He has been (またはlived) in Japan for three years.
となります。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

コメント

過去完了と過去

"Have you seen that movie?"
"Yes. When I was in Tokyo, I ( ) it three times."

この文の場合、単なる過去の事実ととらえるのでしょうか、それとも経験だから過去完了とするべきなのでしょうか、教えてくださいm(._.)m

過去完了と過去について

cake さん、質問ありがとう! o(^o^)o
これってみんな悩まされる問題なんですよね。
私も悩みました。(ToT)

質問文は、結論から言うと、過去の事実だから過去形で表します。
つまり、saw が正解です。

これを理解するためには、現在完了形をしっかり理解しておく必要があると思うのです。
完了形は、いくつかの意味を表せるのですが、全部説明すると、複雑になるので、完了形の「経験」にしぼって、説明しますね。

I have visited Kyoto three times.
「私は3回京都を訪ねたことがある」(経験)

京都に行ったのは、昔の話なのに、なぜ、現在完了形で表したのでしょう。
I visited Kyoto three times.
「私は3回京都を訪ねた」
とどう違うのでしょう?

単なる過去を用いた文は、過去の事実しか述べていません。
「過去にこんなことがあった(または、した)」と言うことだけ伝えたければ過去形でいいわけです。

現在完了形は…
「今まで」にあったことと「今」とをつなげて述べています。
「過去にこんなことがあって、今はこんな経験を持ち合わせている」ということを言うときに使うわけです。
つまり、現在のことを言うのが現在完了形です。
単なる現在形との違いは、完了形が、「現在より前のことがら」と「現在」とをつなぐ働きがあるということです。

そして、過去完了形は、その時制がそのまま過去にずれたものです。
過去完了形は…
「過去のある時点より前のことがら」と「過去のある時点」とをつなぐときに使います。
「~したことがあった」→経験だ→過去完了にしよう
と、日本語で機械的に考えると間違ってしまいますよ。

例)He hadn't seen a snowfall until that day.
「その日まで、彼は雪が降るのを見たことがなかった」
いつかわかりませんが、「その日」が基準になっていますね。
「その日よりも前のことがら」と、「その日」が結びついています。

ところが、質問文は、
「東京にいるとき、3回その映画を見た」
というただの過去の事実です。

私の挙げた例文との違いがわかるでしょうか。
私の例文では、「その日」が基準となっています。
しかし、cake さんの例文には基準がありません。
「東京にいるとき」という基準があると思われるかもしれませんね。
でも、過去完了形は、「過去より前のことがら」と「過去」とをつなげたい時に使うのですよ。
「東京にいるとき」より、前っていつですか?
「大阪にいたとき」ですか?
違いますね。
「東京にいるとき」映画を見たんですね。
つまり過去の事実です。
この文では、「東京にいるとき」っていうのは、基準になっていないのですよ。

長々と説明しましたが、わかっていただけたでしょうか。
現在完了形が理解できれば、時制をずらすだけで、過去完了形や未来完了形にも応用できます。
わからない時は、「○○○の部分がわからない」いう風に疑問点をしぼって書いて、再度、納得行くまで聞いてみて下さい。

ありがとうございました☆

『おぉ~!スゴイ!!』
と、思わず声をあげてしまいました。
なるほど、東京にいた時と映画を観た時は同時ですもんね。すごくよく分かりました☆

実は恥ずかしながら私は塾で英語の講師のアルバイトをしています。留学経験があるものの英文法はきっちり覚えていないと難しいですね(>_<)まだまだ勉強不足です。
分かりやすい解説をしかもこんなに早く本当にありがとうございました!また勉強しに来させてもらいますヽ( ´∀`)ノ

あとすこし・・

文法的にI lived in paris for three years when I was a child.は過去完了にはできないのはわかったのですが、意味的には「子供の時3年間パリにすんでいた。」という経験ととらえていいのでしょうか?経験と過去の事実の意味のちがいがよくわかりません・・・同じでしょうか?あと「私は福岡で生まれました」という文章は過去形ですけど、経験のようなきがして・・・・ わかったつもりだったのですがすいません。

過去の経験?

がまちゃん、質問どうもです! \(^o^)/
いろいろ悩んでいるんですね。
もっとシンプルに考えましょう。

過去にあったことは、全て経験ですよ。
がまちゃんの感覚は間違ってはいません。

例えば
「私は昨日英語の勉強をした」
I studied Engish yesterday.

これは、昨日私が経験したことです。

「私は昨夜は8時間寝た」
I slept for eight hours last night.
これも、私が経験したことです。

つまり、I が主語で、時制が過去だったら、私が経験したことを述べるわけです。

同様に、He studied English yesterday.
だったら、彼が経験したことを述べるわけです。

過去の事実は、すべて誰かが経験したことなんですよ。
タイムマシンでもない限り、経験しない過去なんてないですよ。

これと、完了形の経験を混同してはいけません。
まだ、「したことがある」→ 経験 → 完了形 という固定観念に囚われていませんか。

完了形で表現した人は、例えば現在完了形なら、「過去に何かがあって、現在どうである」という気持ちで話しているのです。

I have read the novel before, so I know the end of it.
「その小説は前に読んだことがあるよ。だから、その結末知っているよ」
例えばこう言った人は、過去の出来事を現在と結びつけて、今の視点で表現しているのです。
つまり現在完了形で話した人は、「過去に小説を読み、現在その経験があるから、その結末は、現在わかっている」ということを伝えています。
飽くまで、視点は現在にあります。

それに対し、例えば
I read the novel when I was a child. I was moved to tears.
「子供の時にその小説読んだけど、感動して泣いちゃったよ」
だから、今、どうなんだっていうことは、この人にとっては、どうでもいいのです。
昔、そんなことがあったという過去の事実を伝えたかっただけなのです。

再度、頭の中を整理しましょう。
過去形 → 過去の動作、状態を現在と切り離した無関係なものとして表す。
現在完了形 → 過去の動作、状態を現在と結びつけて、現在の視点で表す。

もっと単純に考えましょう。
過去のことは → 過去形
過去に何かがあって、現在どうであるということは → 現在完了形
です。

いかがですか?

何回も何回もすいません・・・

ということは、「私は二回パリを訪れたことがある」という文章は過去形でも現在完了でもいいということですか?あとさっきの、小説の結末を知ってるという文章でknowが出てきましたがこのまえの因果関係とはどう違うのでしょうか?本当に何回も何回もすいません・・学校の先生にも質問してみたんですが よくわからなくて・・・ 感謝してます(>。<)

過去形と現在完了形

がまちゃん、質問どうもです! \(^o^)/
「私は2回パリを訪れたことがある」は、現在完了形です。
I have visited Paris twice.
パリを訪ねたのが、過去のことで、現在2回訪れた経験を持つからです。
何度も言うようですが、
現在完了形 → 過去の動作、状態を現在と結びつけて、現在の視点で表す。
飽くまで、現在のことです。
明らかに過去を表す言葉がなければ、過去形にはなりません。
例えば
I visited Paris twice when I was a child.
「私は子供のころ、2回パリを訪ねた(ことがある)」
となります。

もう一つの質問、「このまえの因果関係とどう違うのでしょうか」
という部分は、何を意味するのかよくわからないので、答えられません。
もう少し、具体的に、どういう文のどんな点がよくわからないという感じで言っていただけないでしょうか?
そうすれば、お答えできるかもしれません。 m(._.)m

ありがとうございました!感覚はつかめました!!

I have someone to help me in time of need.という文章の文型でなぜSVOなのでしょうか?someone=to help me in time of needとなるので O=C でSVOCとはならないのでしょうか?

文型について

がまちゃん、質問どうもです。
今回の質問は、文型に関する質問ですので、できれば文型に関係のある記事のコメントから質問をするようにして下さい。
分類がわからないときやどこから質問をすればいいのかわからないときは、TOP PAGE の「質問用掲示板」をポチっと押して、自由に英文法の質問をして下さい。
うるさいことを言ってすみません。

さて、質問の件ですが、文型を考える時、文の要素(S,V,O,C)は、文全体で考えるようにしましょう。
I have someone to help me in time of need.
この文の一部分だけを取り出して考えると、頭がこんがらがります。
例えば、someone と to help だけを取り出すと、ここに主語と述語の関係が成り立ち、O と C のようにも見えます。
しかし、文全体で見ると、この文は、例えば、I have a friend.「私には友人がいる」という文と同じ構成です。
I have a friend. は第3文型ですね。
I have someone.「私にはある人がいる」という第3文型の文なのです。
to help me in time of need「まさかのときに私を助けてくれる」というのは、someone を詳しく説明している修飾語にすぎません。

基本的に、have は、「持っている」というときには、第3文型をとります。

では、どういうときに have は第5文型をとるかというと、「~に…させる」とか「~に…してもらう」というときです。
すでに have は「持っている」という意味はありません。

例)I'll have my brother go there.「私は弟をそこに行かせた」
ここでは、my brother と go の間に主語と述語の関係が成り立ち、また go は、my brother を修飾しているわけではありません。

主語と述語の関係があれば、O と C になるとは限らないということです。
例えば、I know a boy standing at the door.
これは、I konw a boy の第3文型です。
atanding at the door「戸口に立っている」は、a boy を修飾する修飾語です。
a boy と standing at the door の間には、主語と述語の関係が成り立ちますが、文全体から見ると、O や C にはなっていませんね。
これと同じことが、質問文にも言えます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/10-9897d24c

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad