最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

There stood a farm building って?

yahoo 知恵袋に投稿しようと思っていたけど、投稿する前に「ベストアンサー」が決まってしまうことがよくあります。

そんな「浮かばれない投稿」を記事にしておきます。

Q: suk********さん2019/3/3021:00:02
次の一文のthereの文法解説をお願いします。
There stood a farm building near the park.
その公園の近くに農場の建物が建っていた。
文型はSV。

Sがa farm building、Vがstood 、文頭のThereはMと書いてあります。
there + 動詞+主語。という形がよく分からないので、分かりやすい解説をお願いします。



A: お役に立てれば幸いです。

何かよくわからないものが存在すると言うときには、There is ~ や There are ~ を使って表現します。
~のところに来るものを主語とするのが普通です。
この there は「そこに」という訳をしてはいけません。

「ドアのところに犬がいます」
〇 There is a dog at the door.
× A dog is at the door.

出現を表す場合は、a dog を主語にすることができます。
〇 A dog came into the room.「一匹の犬が部屋に入り込んできた」

逆に特定のものに、there is ~  There are ~ は使えません。
× There is the dog at the door.
× There is my dog at the door.
〇 The dog is at the door.
〇 My dog is at the door.

つまり「特定されていないものの存在」を言う時に使うのです。
そして、この There is ~  There are ~ は、be動詞の部分に特定の自動詞を取る特殊な表現ができます。
その特定の自動詞とは「存在、出現、何かが起こること」を表す動詞です。
exist「存在する」 live「住んでいる」 stand「立っている」 come「来る」 arrive「着く」 happen「起こる」 などです。
どんな動詞にでも使えるわけではありません。

There lived a king in the country.「その国にある王様が住んでいた」
There happened a serious accident.「重大な事故が発生した」

こんな感じで使ってみてください。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析