最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

英語のことわざ No.71


■役立ちそうな英語のことわざ 

071. Seeing is believing.

 ↓ 
 ↓日本語では? 
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

071. 「百聞は一見にしかず」

ことわざの直訳は
「見ることは信じることだ」
になります。

「人から何度も聞くよりも自分で一回見た方が確実だ」という意味です。

そこで
To see is to believe.
ではだめなのかという疑問がわきます。

to 不定詞にも「~すること」という意味があるからです。

結論からすると、このことわざの意味を考えると
Seeing is believing.
の方が良いということになります。

こちらで覚えておきましょう。



■ここでは動名詞と to 不定詞の違いを覚える! 

動名詞(~ing)は、「過去にしたこと、過去からずっとそうしていること」に用いることが多いのです。
また動名詞は「一般論」にも用いられます。

それに対して、to 不定詞は、「これからそうなること」に用いる傾向があります。
to ~ は「行きつく先」を表すからです。
go to the park と言えば「公園まで行く」わけです。
行きつく先が公園です。

Seeing is believing.
「(今までもそうだったが)一回見た方が確実なのだ」

To see is to believe.
「(これから)見てみれば、確実になる(ことだろう)」

これぐらいの違いがあります。

ですから、
Seeing is believing.
の方が、「百聞は一見にしかず」ということわざにより適していると言えます。



復習しましょう。 

「百聞は一見にしかず」

 ↓ 
 ↓英語では?
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

Seeing is (   ).

こちらに英語のことわざをまとめています。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析