最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

英語のことわざ No.78


■役立ちそうな英語のことわざ 

078. The child is father of the man.

 ↓ 
 ↓日本語では? 
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

078. 「三つ児の魂百まで」(みつごのたましいひゃくまで)

または「すずめ百まで踊り忘れず」などもあります。

直訳は「子供は大人の父なり」

大人の性格や人格は子どもの時に形成されるという意味です。



■ここでは単語の意味を覚える! 

まず、father です。

この場合の father は、具体的な人間の「父」ではなく、「始まり、源、起源」という意味で使われています。
このことわざでは、father は冠詞( a や the )を付けずに使うのが一般的なようです。 
また、the man は「男」ではなく、「一人前の人、大人」という意味です。

ついでですが、man について一言。
a man は、古い文や考え方では、「人、人間、人類」という意味で普通に使われていました。
もちろん、今もその意味はあります。
しかし、最近では男女差別の意識が高まり、「人、人間、人類」は、a person, a human being, people, human beings, humanity, humankind, we などを用いる傾向があります。
「人」と言う場合、あえて man を使うことを避けているように思います。

会話や英作文でも、「男、男性」は man でいいのですが、「人は…」とか表現するときには man を使わないことをおすすめします。

とは言うものの、ことわざは決まった言い回しなので、勝手に man を変えてはいけません。



復習しましょう。 

「三つ子の魂百まで」

 ↓ 
 ↓英語では?
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 

The(   )is (   )of the man.


こちらに英語のことわざをまとめています。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析