最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

seem と be likely to の違いって…

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:英作をするときに、seem to と be likely to はどうやって使い分けすればいいですか?
 ↓
A:私の個人的な見解です。
seem は、動詞です。
これと対等に述べるべきものは、やはり動詞の look や appear ではないかと思います。

look とappear がほぼ同義です。
どちらも五感で言えば、視覚が中心で、「外観、様子がそう見える」ということです。
seem は視覚以外の他の感覚による判断も可能です。
seem は話者の主観で「~らしい」と思う時に使えます。

一方、likely は形容詞(または副詞)です。
「可能性がある、見込みである」周囲の状況から判断した可能性を述べるときに使います。

使い分けですが、seem が主観的なもの、be likely が客観的なものぐらいの違いだと思います。


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が気に入ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/118-30e551a7

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad