最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

as long as と as far as の違いって…

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:as long as とas far as の違いがよくわかりません。あと、as long as とso long as はどう違うんですか?

 ↓
 ↓
 ↓

A:どちらも「~する限り」という意味です。

また、as long as = so long as
as far as = so far as です。
as と so にたいした違いはありません。

次に
as long as と as far as の違いですが、
基本は long と far の違いです。

long は「間(あいだ)、時間」を表します。
よって、as long as ~「~する間は」という意味です。
as long as I live「私が生きている間は」→「私が生きている限り」

これが転じて「~しさえすれば」という意味もあるので、要注意です。「条件」を表します
as long as you are quiet「静かにしていさえすれば」→「静かにしている限り」

次に far ですが、「程度、範囲」を表します。
よって、as far as ~「~する範囲(程度)では」という意味です
as far as I konw「私が知っている範囲では」→「私が知る限り」

また基本的に far は「距離」を表します。
そこから、例えば、as far as the station 「駅まで」という表現があります
to the station が「到達点」を表すのに対して、as far as the station は、「途中経過」を表す意味合いを含んでいます。

この使い分けで行けるはずです。


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が気に入ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

コメント

長い謎が解けました
ありがとうございます

こんにちは、失礼します。
私が許す限り。の場合
私が許すという条件でも、私が許せる範囲。とも取れるように感じます。
どちらになりますか、それともどちらともとれますか?

返答

質問ありがとうございます。

「私の許す限り … 」 … の部分がどうなのかによって、どちらとも取れるのではないでしょうか。

基本的に、「許す」というのは、許容範囲であるので、as(so) far as ~ allow が合っていると思います。

ただし、場合によっては、as(so) long as ~ でも問題ないと思います。

「許可しさえすれば」とか、「許可している間は」などの場合です。

要するに、同じ「許す」でも、状況により、異なるということです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/122-057c2ec9

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad