最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

否定文 have not その2

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:ずっと気になっているコトがあるんです。
ある時、友人が、「水着を持ってきていないんです」と言いたかったらしく“I haven't my swimwear.”という言い方をしていたんですが、これは正しい言い方ですか?
don't haveを言い間違えてhave notになったのかなぁ、と、初めは思っていたのですが、この言い方でちゃんと外人に通じてるし、もしかしてイギリス系の言い方にそういうのがあるのかな?って気になって。
よかったら教えていただけませんか?

 ↓
A:I haven't my swimwear. が正しい言い方かと尋ねられると答えに窮します。結論的には正しい言い方です。
しかし、あまり使われなくなってきていることは確かなようです。

例えば日本語の「なんでやねん」は、正しい言い方ですか?
関西の人に、「なんでやねん」は間違いで、例えば「なぜそうなるんだよ」が正しいですよと言ったとしましょう。
それこそ「なんでやねん」と言われるでしょう。(笑)

つまり、アメリカ英語では、I don't have my swimwear. が普通で、最近では、イギリスでもこれが普通になって来ているということです。
イギリスでは、I haven't my swimwear. が正式な言い方です。

助動詞の do, does, did を用いる用法が確立したのは、18世紀と言われています。
それまでは、I not say. や I know not. や Saw you him? などの否定文や疑問文が用いられていたのです。
「なんでやねん」と「なぜそうなるんだよ」では、「な」と「ん」の文字しか一致してないのに、十分通じますね。
それに比べれば、I haven't my swimwear. は、通じすぎるぐらいにバリバリ通じますよ。

以下は、オッハー説ですが、現在では、I don't have ~. が正式で、I haven't ~. は、方言だと言えると思います。方言が間違っているかと言われれば決してそうではありません。長い歴史の中で見ればこういう考えになると思います。

英語の歴史を見れば、ケルト語、ゲルマン民族がやって来てゲルマン語、ローマが栄えてラテン語、フランスが攻めてきて、フランス語など、様々な言語が入り混じっているのです。政治的、経済的な勢力関係によって、あるものが主流で、あるものが方言になって行くわけです。

興味の有る方は調べてみて下さい。
また、オッハー説が違うという方は、正しい考え方を是非、教えてください。


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

他にも面白いサイトがあります。
 ↓↓↓
人気blogランキング

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/173-c4416723

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad