最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

動名詞―10

絶対に負けられないテストがそこにはある!


受験英語研究家のオッハーです。
今日も「最小の努力で最大の効果を得る英文法問題」を提供します。

No.060
■Gerund-10

●10. Insert a word into the parentheses so that the following sentences mean the same.

We can't know what may happen.
= (  ) is no (  ) what may happen.

 ↓
 ↓答えた?
 ↓
 ↓
 ↓
●Answer

10. There, knowing

----------
【解説】
■動名詞-10

●次の2文が同じ意味になるように、(  )内に適語を入れよ。

We can't know what may happen.
= There is no knowing what may happen.
「何が起きるかわからない」

There is no ~ing.
=It is impossible to~.
「~できない」

動名詞を用いた熟語を覚える!
It is no use ~ing「~してもむだだ」
feel like ~ing「~したい気分だ」
on ~ing「~するとすぐに」
in ~ing「~するときには」
cannot help ~ing「~せずにはいられない」
never ~ without …ing「~すると必ず…」
be worth ~ing「~する価値がある」
of one's own ~ing「自分で~した」

来週は分詞!


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

他にも素晴らしいサイトがたくさん有ります。
 ↓↓↓
人気blogランキング

コメント

of one's ...ing の説明

こんにちは。某学習塾でバイトしている大学生です。留学経験があるのですが、文法が弱く、自分自身も勉強しなければいけないと痛感している毎日です。なので、このブログから色々勉強させてもらいたいとおもいます!!


この前生徒がやっている問題で

I painted this picture myselfを穴埋めで

This picture is of my own painting 

という形に直す問題にでくわし、なぜ、be動詞のあとに、of がくるの?ときかれて、ちょっと困ってしまいました。
こういう熟語なの、、というのもありでしょうが、、。なにかいい説明の仕方があったら教えてください。

なんか、むかーーーし、受験期やった問題で、this wallet is of his みたいな、所有格示すときの方法があったようなきがしたのですが、、、。気のせいかな?これも、上の問題みたいと同じように説明できるのでしょうか?

よろしくお願いします。

of one's own ~ing

Mayumi さん、質問ありがとうございます。
of one's own ~ing で「自分で~した…」という意味が有ります。
of one's own ~ing は、4語で、一つの形容詞の働きをしています。
形容詞には2つの働きが有ります。
①名詞を修飾する
例)a big dog
②補語になる
例)The dog is big.
名詞 + of one's own ~ing にも両方の働きが有ります。
①名詞を修飾する。of one's own ~ing は、もっぱらこの用法が普通です。こちらで覚えた方がいいです。
This is a picture of my own painting.
②補語になる
This picture is of my own painting.
まれにこの用法があります。
be 動詞の後に形容詞が来るのは、普通のことです。
He is in good health.
= He is healthy.
「彼は健康的だ」
つまり前置詞句が形容詞の働きをしているときは、be動詞の後にくることもあるということです。
いかがでしょうか?
あ、それから、この of one's own ~ing は文語体なので、会話では使われません。
I painted this picture.
This is a picture (which) I painted.
などが、いいでしょう。

オッハーさん、丁寧な解説ありがとうございます!!

なるほど。前置詞句は形容詞手に的に使うと説明したら、納得です。。、、。例に出してもらった、inとかよく使われますもんね。

of one's own ~ingって、文語体ということですが、、。日本の入試問題にはこういう文語体でしか使わないこと結構出てくるような気がします。実際英語を実践で使う時に、ほとんど使うことがないようなきがするのですが、、。

ある問題集に出ている例です。
同じ意味になるように(  )に適語をいれなさい。という問題で、

There is no hope that he will recover
There is no hope of his ( )

この場合、模範解答はrecoveryにっています。
名詞を入れるということは理解できるのですが、
動名詞のrecoveringを使うことは出来ないのでしょうか?

ネイティブの先生が言うには、「どちらでも意味は通じる」
「日本の英語は古すぎる。今の正しい英語を理解するのがいいのか、
古典英語を理解するのが大切なのか、どちらが大事」?と言われました。

動名詞と名詞の明確な違いを教えていただければ幸いです。


recovery か recovering か?

受験生さん、質問どうもです!
結論から言うと、どちらでもいいです。
There is no hope of his recovery.
There si no hope of his recovering.

さて、どちらがいいかというと、私は hope of his recovery です。
hope はこの場合、「望み」という名詞です。
そして、前置詞 of は、同格を表し、前後にあるものは対等の関係にあります。
ですから、名詞には名詞をあてるのが、よいと考えるからです。

recovering は動名詞です。動名詞というのは、名詞に近いのですが、やはり動詞としての性質も持ち合わせています。つまり動詞としての意味合いを出したいときに使われるということです。
そして、ここでは動詞としての性質を出す必要性が感じられません。
日本語で考えてみてください。
no hope of his recovery 「彼の回復の望みはない」
no hope of his recovering 「彼が回復するという望みはない」
たいした違いはありませんが、前者のほうがよく使われるのではないでしょうか?

Google で検索してみました。
"hope of his recovery" 3,690件
"hope of his recovering" 77件
圧倒的に、hope of his recovery です。
日本語の感覚とは比べ物にならないほどの差です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/203-128e548a

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad