最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文法の質問一覧

title-3 

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。


■表現  
to be continued 
雨が降る 
seem と be likely の違いって 
Can I get you anything?って 
うらやましい 

■語法
The reason is … 
同格 
「~のために」の識別 
seem to be の to be 省略 

■動詞
三単現の s 
mind とその答え(センター試験)
know ~ to … 
使役動詞の区別 
should は消して読め 
enable ~ to … 
make の用法  
自動詞、他動詞の区別… 
appreciate の用法
finish の用法 

■時制
完了形か完了の進行形か 
「時や条件」を表す副詞節の現在形 
過去形と過去完了形 
再度、過去形と過去完了形

■助動詞
used to について 

■態
wonder は受動態にできるのか? 
by ~の省略 
受動態の注意点 
be to blame って? 

■不定詞
to 不定詞を目的語にとる動詞 
to 不定詞の意味上の主語 
不定詞+前置詞 

■動名詞
There being について 
on one's own ~ing 

■分詞
分詞の限定用法 
分詞の働き 
不定詞と分詞の形容詞的用法 

■関係詞
関係詞の非制限用法 
関係代名詞の先行詞について 
関係形容詞の what 
関係形容詞の which 
of which について 
関係詞の非制限用法2 
関係詞の後の文は… 

■形容詞
形容詞の用法 
much と many の用法 
a few と few 
something + 形容詞の語順 
分数の表し方 
reasonable と realistic 

■副詞
副詞が名詞を修飾? 
副詞が文頭に来ると…

■比較
比較級~than… 
the 比較級 of the two
more of ~ than 
as ~as ever について 
no more ~ than … 
倍数表現 
最上級の the 
続最上級の the

■前置詞
till と by の違い 
out of ~ 
but について 
前置詞の区別とその用法 
最上級の後の前置詞 

■話法
時を表す副詞 
話法で考えてみるセンター試験の問題 

■名詞
the の付かない固有名詞 
試験に狙われる名詞 
of + 抽象名詞 
pluralityとmajority  

■代名詞
she の表すもの 
nothing か none か 
some と each

■接続詞
and の後には… 
as long as と as far as 
同格の that 
not ~ because … 
than の品詞 

■否定
neither と nor
否定語が文頭にくると
否定文 have not
否定文 have not その2 

■文型
mean は何文型? 

■疑問文
間接疑問文 
疑問詞 who 
what は関係詞か疑問詞か?
間接疑問文その2 

■その他
コンマについて
「た」の識別 /
  

 ●現在、英文法の質問は当方の都合により受け付けてはおりません。
   以下のサイトで、今までの質問と回答の一覧を掲載しております。
     ↓ ↓ ↓
  質問と回答の一覧よりどうぞご覧下さい。

携帯サイトはPCからでも見ることができます。
メルマガも携帯でもPCでも無料購読できます。

他にも素晴らしいサイトが有ります。→ 人気blogランキング

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

単数か複数か?

うこさちさん、質問どうもです!
「管理者にだけ表示を許可する」にされているのと、連絡先(メールアドレス)等が全くわからないので、コメント欄に投稿しておきます。
love and kindness を it で受けてよいのかということですが、話し手がこれを一体のものと考えていれば、単数形で受けることはできます。
当然、「愛」と「優しさ」を別々のものと取れば、they で受けることになります。

簡単な事ですが教えて下さい!

身分を明かすのが恥ずかしいのですが、文法のバックボーンが全くなく、馬鹿みたいな事が判らなくて困っています。どうか教えて下さい。所謂、Not only --- but alo ---の使い方です。
ある方は、こういう使い方が正しいと仰います。
Sleep deprivation not only compromise high-level thinking ability, but also is linked to hormonal changes that may cause obesity.
私は、この英文にすごく違和感を覚えまして、
Sleep deprivation does not only compromise high-level thinking ability, but also it is linked to hormonal changes that may cause obesity.
の方がまともな英文らしく感じるのですが、どちらが正しいのでしょうか?教えて下さい。

not の用法

世田谷C.E.Sさん、質問ありがとうございます!
not は必ずしも文全体を否定するわけではありません。
語(句)を否定することもできます。
以下の文を見てください。

She drank not one but two glasses of beer.
「彼女は一杯ではなく2杯のビールを飲んだのだ」
この not は one を打ち消していて「一杯ではない」ということをはっきりと示しています。
しかも「彼女はビールを飲んだ」ということを伝えています。
これを She didn't drink ~ とすると、「彼女はビールを飲まなかった」と受け取られてしまいかねます。

質問文も同様に、その根本に、Sleep deprivation compromises high-level thinking ability「睡眠不足は高度な思考能力を阻害する」という気持ちがあるのだと思います。
Sleep deprivation doesn't compromise ~とすると、「睡眠不足は~を阻害しない」と受け取られかねません。
また質問文は、睡眠不足の悪い点を併記しています。
「思考能力を損なう」のと「肥満を引き起こすホルモンの変化に結びつく」という害が並べられているのです。
例えば、He didn't study English but watched TV.
「彼は英語を勉強しないで、テレビを見た」なら反対のものが並べられているので、didn't を用いるのがよいでしょう。
しかし、質問文は、Sleep deprivation only compromises high-level thinking ability「睡眠不足はただ単に高度な思考能力を阻害するだけだ」と言う文の only だけを打ち消すのが良いと思います。
そのために、only の直前に not を置いているわけです。

回答への御礼

早速のご回答を頂き有難うございました。
主旨としましては、私が挙げた文章の最初のほうが正しい、という
見解だと思われますが、そうすると最初の文章の前半部の構文が
よく理解できないのですが、もう一度頂いた説明をよく読み直して
頭を整理して質問させていただきます。
取り急ぎ御礼申し上げます。
ところで現在福岡に御住まいということですが、私も生まれ育ちが
福岡県福岡市で、最近では91年~99年までそちらで仕事をして
いました。今は福岡のどちらにお住まいですか?桜が綺麗ですね!
良かったら、私のブログにもお立ち寄りください。

Rumor has it thatの用法

何度か質問させていただいたことがあり、いつもとても丁寧な解説を頂いています。
今回も、いろいろ調べて分からなかったことを質問させてください。
Rumor has it that...「噂では・・」という慣用句がありますが、これはどんな文法構造になっているのか全く分かりません。itは何を指しているのでしょうか(抽象的なitなのでしょうか)このthatは名詞節をまとめるthatなのか、同格のthatなのか・・・。
宜しくお願い致します。

have it

りんりんさん、質問どうもです!
have it には「言う」という意味があります。
will を伴って will have it 「主張する」となります。
分析すると
Rumor has it 「うわさはそれを持っている」→「うわさはそのようなものを持っている」→「うわさはそのような内容だ」
そして it は形式主語です。have が目的語に that 節をとれないために、形式的にまず it を置いておいて、直後に具体的な内容を that 節で表します。つまり it は形式目的語です。
この形式は他にもあります。
see to it that ~「~するように取り計らう、~するように気を付ける」
See to it that you don't make a mistake again.
「2度と間違いを犯さないように気を付けなさい」
depend on it that ~「~次第である、~をあてにする」
You may depend on it that she will join us.
「彼女が私たちに加わると思ってもいいよ」
などです。

ありがとうございました!すっきりしました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/240-fcbda155

難しい世の中です。

一生書くことは無いのと思っていたカテゴリ「学校・勉強」です。こんばんは、管理人のYUKOです。今までと全く違う日記になりました。(笑就職活動をなさっている方、今日もお疲れ様です。なぜいきなり就活の話かというと、友人がその真っ最中だからです。歳は違いますが、結

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。