最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分詞構文―08

絶対に負けられないテストがそこにはある!


受験英語研究家のオッハーです。
今日も「最小の努力で最大の効果を得る英文法問題」を提供します。

Keep it up!

No.078
■Participial construction-08
●Change the verb in parentheses into a suitable form.

08.Everyone, children (include), is concerned about the greenhouse effect.

 ↓
 ↓変えた?
 ↓
 ↓
 ↓

●Answer

08. included

----------
【解説】

絶えず努力を!

No.078
■分詞構文-08
●(  )内の動詞を適当な形に変えなさい。

08.Everyone, children (included), is concerned about the greenhouse effect.

「子供も含めてみんなが、温暖化に関心がある」

分詞構文は文頭に限らず、文中に挿入されることが多い。
コンマで区切られている場合が多い。

この例文では、included は形容詞化しています。
~incleded「~を含めて」と覚えておきましょう。

children included 「子供も含められるのだが」
= including children 「子供も含めて」
両方の表現が可能です。

The tool, used carelessly, can be dangerous.
=The tool, if it is used carelessly, can be dangerous.
「その道具は、不注意に扱うと(扱われると)、危険なことがある」

文の後ろに来ることもあります。
He went fishing, his dog following him.
= He went fishing and his dog following him.
「彼は釣りに出かけた。そして彼の犬は彼について行った」

分詞構文は現在ではあまり使われません。
決まり文句として残っています。

質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。


他にも素晴らしいサイトがたくさん有ります。
 ↓↓↓
人気blogランキング

コメント

名詞を修飾する一語の分詞は修飾する名詞の前に置くと習いましたので、 children included は included children でもよいですか?

include の用法

hiroeさん、質問どうもです!
例文(または和訳)がないので、なんとも答えようがありません。
children included は副詞句で「子供を含めて」という意味になります。
この場合、children included = including children です。
いわゆる独立分詞構文です。
なお、included children 「含まれた子供たち」ぐらいの意味で何のことかよくわかりません。
具体的な例文を示してください。

あっ!今送信してわかりました。
上の問題についての質問だったのですね。(汗)
すみません。不注意でした。m(_ _ )m

これは独立分詞構文です。
Everyone, children included, is concerned about the greenhouse effect.

「みんな、それには子供も含まれていますが、温暖化には関心があります」という意味です。
そして children included の部分は節にすると、and children are included「そして子供も含まれますが」となります。
これを分詞構文にすると前後の主語が違うので主語の children を前に出し、children being included となります。
being は省略するので、children included の語順になります。
また、節にする時 and we include children「そして(私たちは)子供も含めますが」と考えれば、we including children となり、一般的な人を表す we は普通消えます。よって、including children の語順になります。
~included = including ~「~も含めて」という熟語として覚えた方が手っ取り早いと思います。

とてもよく分かりました。ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/255-28010102

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。