最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先行詞と離れた関係詞

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:languages with a simple grammar, a few sounds, and a vocabulary of only a few hundred words, whose speakers have to compensate for their language's deficiencies through gestures

この文中で使われている“whose”の文法的説明をお願いします

 ↓

A:これは、文ではなくて、語句(文の一部分)なのですね。

languages 以下は、全て languages の修飾語になります。
1.with a simple grammar「文法が簡単で」
2.a few sounds 「数少ない音しかなくて」
3.a vocabulary of only few hundred words「語彙もわずか数百語で」
4.whose speakers have to compensate for their language's deficiencies through gestures「その話し手が、身振りで、その言語の欠陥を補わなければならない」
そんな言語なのです。
whose speaker = the language's speaker となります。(または、= its speaker となります。

このように、関係詞が先行詞と離れたところに置かれることもあります。関係詞は、必ずしも先行詞の直後に来るわけではありません。

whose は、名詞、代名詞の所有格(~の)の代わりをします。

まとめて訳すと
「文法が簡単で、音も数少なく、語彙もわずか数百語で、話し手が身振りでその言語の欠陥を補わなければならない(そのような)言語」
となります。


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/281-820d00d9

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。