最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

前置詞の区別 of と for

of と for の区別

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:There is little chance of human beings making it to Mars.
(人間が火星に到達する可能性は非常に低い)
という文で、chance of human beings は、chance for human beings でもOKですか?

 ↓

A:chance は普通、chance of ~「~のチャンス」という形で使います。
chance of ~「~のチャンス」
of は同格を表し、「~の、~という」ぐらいの意味です。
chance for ~「~のためのチャンス」
for は目的を表し「~のための、~にとっての」ぐらいの意味です。
例)降水確率
a chance of rain「雨の確率」が一般的。
a chance for rain「雨のための確率」日本語でもあまり言わないでしょう。
web 上でも使用例は有りますが、極少数です。
例)
a chance of promotion「昇進のチャンス」
a chance for promotion「昇進のためのチャンス」
これならどちらでも行けますね。
それでも、chance of ~の用法がはるかに多いです。

日本語で考えるのと、同じような感覚で使い分けられると思います。
そこで、質問文ですが、「人間が火星に到達する(という)可能性」とした方が自然なので、chance of ~をお勧めします。
chance for は、間違いとは言えないと思います。

質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/292-0b500fed

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析