最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

英語のことわざ-002

「ことわざって覚えた方がいいんですか」という質問がありました。
試験に出るのかと言われると、あまり出ないと思います。
しかし、覚えた方がいいんですかと言われたら「覚えた方がいい」としか私は言えません。
そんなわけで、試験に役立ちそうなことわざを気が向いたら挙げていきます。

■役立ちそうな英語のことわざ

002 A burnt child dreads the fire.

 ↓
 ↓日本語では?
 ↓
 ↓
 ↓

002 羹(あつもの)に懲(こ)りて鱠(なます)を吹く。

----------
■ここでは、burnt, dread について覚える!

その前に、日本語のことわざの意味がわからない?(笑)
羹 → 「熱いもの」のことで吸い物やスープなど。
膾 → 生の魚や野菜を細かく切って酢に浸した食べ物。

熱いものを食べて舌を火傷した人が、膾にまで、ふうふう息を吹きかけて食べる様子。
そこから 「度を過ぎた用心をする」ことのたとえ。

なんだか日本語のことわざコーナーになってきたぞ。

さて、burnt は「やけどをした」という形容詞です。
dread は「ひどく恐れる」という意味です。

burn - burned - burned 「燃やす、焼く」
と言う活用がありますが、イギリス英語では
burn - burnt - burnt となります。
ただし、イギリス英語でも、自動詞「燃える、焼ける」のときは
burn - burned - burned になります。

dread は、fear「恐れる、心配する」より、強い恐怖を表します。
他にも「恐怖」を表す語として
fright「ぎょっとする短時間の恐れ」
terror「衝撃的な強度の恐れ」
horror「身の毛のよだつようなぞっとする恐れ」
それぞれ動詞としても使えます。

これで「火傷をした子供は火を恐れる」となります。


羹(あつもの)に懲(こ)りて鱠(なます)を吹く。

 ↓
 ↓英語で言ってみよう!
 ↓
 ↓
 ↓

A (  )child (  )the fire.

今日もポッチン押してもらえると嬉しいです。→ 人気blogランキング

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/360-8e1aa2b6

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad