最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

to と for の違い

to と for の違い

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:
次のようなto、forの意味の違いがわからずなやんでいます。
・It is good news to me.
・It is good news for me.
どちらも「私にとって良いニュースだ。」
になると思いますが、ニュアンスの違いを教えてもらえないでしょうか??

 ↓
 ↓
 ↓
                    人気blogランキング

 A:
前置詞は難解です。日本語にありませんからね。
for は「方向」を表します。
to は「方向と到達点」を表します。
日本語の「へ」と「に」ぐらいの違いだと思います。
「東京へ行く」
「東京に行く」
この違いを外国人にどう伝えますか?
難しいですね。

問題文では、good news to me「私に対するよい知らせ」
good news for me「私にとってのよい知らせ」
これぐらいの違いです。

日本語でブログを書いているアメリカ人の David は、私が、「は」と「が」の使い方がちょっとおかしいよと指摘したら「は」と「が」の区別はもうあきらめてますからと開き直っていました。(笑)
英語には「助詞」がないので、やはりどう使っていいのか悩むようです。
お気に入りのサイト → This is a pen.
そんな開き直りもいいですね。

質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

コメント

「は」と「が」の違い

「は」は主語を説明する場合です。「が」は主語の事実を言う場合です。これは明白に違いますよ。

「は」と「が」の違い

sentaさん、コメントどうもです!

その通りですね!
簡潔にして、的確なアドバイスを、ありがとうございます。


お気づきの点がありましたら、またコメントしてください。

よろしくお願い致します。

「は」と「が」の役割分担

はじめまして。私の考える「は」と「が」の役割分担について書かせていただきます。説明の都合上、「aはA」及び「aがA」という形の文の「a」を主部,「A」を述部と形式的に呼ぶことにします。

【その1】 主部aを含む具体的な集合が既に与えれている(または想定される)場合
例 {サメ,クジラ,マグロ}の中で哺乳類はどれか?という質問に対する答え
「クジラが哺乳類だ」は、クジラは質問に対する答えとして相応しく、サメとマグロには否定的です。そこで、意味は次のようだと考えられます。
   サメ・・・・弱・・・・哺乳類だ
  クジラ--強--哺乳類だ
  マグロ・・・・弱・・・・哺乳類だ
同じ質問に対する答え「クジラは哺乳類だ」はサメとマグロに関しては肯定も否定もしておらず、クジラについてのみ哺乳類に含まれると述べているので、意味は次のようだと考えられます。
   サメ--?--哺乳類だ
  クジラ-----哺乳類だ
  マグロ--?--哺乳類だ
【その2】主部aを含む具体的な集合は登場しておらず、いくつかのaが考えられる場合
例.生まれて初めて動物園でキリンを見た子供が「うわー、首が長い!」と言った場合、普段見る動物の首と比べて長いと言っていると受け取れます。そこで、この文の意味は次のようだと考えられます。
(犬)   首・・・・弱・・・・長い
(キリン)  首--強--長い
(猫)   首・・・・弱・・・・長い
例.数学の先生が授業の始めに「三角形の内角の和は180°である」と言いました。これは、どの三角形の内角の和も180°であるという主張なので、この意味は次のようだと考えられます。
(直角三角形)  三角形の内角の和-----180°である
(正三角形)   三角形の内角の和-----180°である
(鈍角三角形) 三角形の内角の和-----180°である
どのaについても言えることではないのだが、このaについてはAであるという場合は「aがA」と言います。それに対して、どのaについてもAであるという場合は「aはA」と言います。
【その3】主部aを含む具体的な集合は登場しておらず、さらに、いくつかのaも考えられない場合
例.ある暑い日に帰宅した会社員が「あー、のどが渇いた!」と言いました。これは、いつも渇いているわけではないが、今、渇いていると主張していると受け取れます。そこで、この意味は次のようになります。
  (過去)   のど・・・・弱・・・・渇いた
(今) のど--強--渇いた
(未来) のど・・・・弱・・・・渇いた
例.先生が理科の授業の始めに、「太陽は東から昇る」と言いました。これは、太陽はいつでも東から昇るという主張だと受け取れます。そこで、この意味は、次のようだと考えられます。
  (過去)   太陽-----東から昇る
(今) 太陽-----東から昇る
(未来) 太陽-----東から昇る
いつのaについても言えることではないのだが、このときのaについてはAであるという場合は「aがA」と言います。それに対して、いつのaについてもAであるという場合は「aはA」と言います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/408-776910e2

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad