最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

be動詞の意味

be動詞の意味って?

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:
He was in a hurry to see his son. という文は、be動詞のあとに前置詞句がきているみたいなんですけど、これを文法的に説明するとどうなるのでしょうか?
やはり『in a hurry』の熟語として覚えておくしかないのでしょうか?

単純な文のようですが、どうも納得できないとこがあります。よろしくお願いします…。 

 ↓
 ↓
 ↓
 A: 
be 動詞(am, is, are, was, were など)は基本的に「存在する、ある、いる」という意味で用いられます。

そして、be 動詞の後に来る語(句)は、主語がどのように存在するかを説明しています。
それは、「~として存在する」とか「~に存在する」とか「~という状況で存在する」とか様々です。しかし、be 動詞は基本的に「存在する」ということを表すのです。
だから「です、いる、ある」という日本語に単純に置き換えられません。

be 動詞の訳は「です」であると習ったところに問題点があります。
His book is on the desk.「彼の本は机の上に存在する」→「彼の本は机の上にある」
同様に
He is in the kitchen.「彼は存在する台所に」→「彼は台所にいる」
He is a student.「彼は存在する学生として」→「彼は学生です」
He is tall.「彼は存在する背が高い状態で」→「彼は背が高い」
He is in good health.=He is healthy.「彼は存在する良い健康状態で」→「彼は健康です」
He is in a hurry.「彼は存在する急いでいる状態で」→「彼は急いでいる」
このようにまず、He is と言うことで「彼が存在する」ことを表し、その後にどのように存在するかを付け加えるということです。
その説明の仕方が色々あるというわけです。


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/436-407e3c29

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad