最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた時制の一致

またまた時制の一致

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:
仮定法の文(想像上の時間が重視される)
He said if he were a bird, he would fly to her.
「僕が鳥なら彼女のもとへ飛んで行くのだがと彼は言った」の
<想像上の時間>の時間とは現在ありえないことを仮定していることで、それは過去形で表しますが、
もし時制の一致を受けるのなら、過去完了にして過去におけるありえない仮定として表すことになるのですか?

 ↓
 ↓
 ↓

 A: 
それは違います。
仮定法は、現実とは異なることを表現するために、時制をずらします。
現在の事実に反することは過去形で表し、過去の事実に反することは過去完了形で表します。
そして、仮定法の表現は時制の一致を受けません。

現在の事実に反することは常に過去形、過去の事実に反することは常に過去完了形で表します。
常に一定なのです。

時制の一致は、現在から見て、それぞれの前後関係を示したいときに使われます。
「使われます」と言うよりも、それぞれ(主節と従属節)の動詞の前後関係を示すと、
結果的にいわゆる時制の一致というものを起こすことになるのです。

逆に、それぞれ(主節と従属節)の動詞の前後関係(どちらが先でどちらが後か)を考えていなければ
時制の一致は起こらないのです。

多分に話し手の主観によるところが大きいとも言えます。


質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/489-64c9bbb1

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。