最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関係副詞と前置詞+関係代名詞

関係副詞と前置詞+関係代名詞

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:
関係副詞のwhereと、in which、at which、to whichの使い分けってありますか?
関係詞節にある動詞で使い分けるんですか?
お願いしますm(__)m

 ↓
 ↓
 ↓

 A:
関係副詞の where は、副詞の代わりをしています。
This is the house.
He lives there. (there = in the house)
この2文を where を用いて1文にします。
This is the house where he lives.
= This is the house in which he lives.

This is the place.
I met him there yesterday. (there = at the place)
この2文を where を用いて1文にします。
This is the place where I met him yesterday.
= This is the place at which I met him yesterday.

There is no place.
They return to the place.
同様に
There is no place where they return.
= There is no place to which they return.

where は there の代わりをしていて、2文を1文にする働きがあります。
there は 副詞で「~に」「~で」「~まで」など文脈で様々な意味になります。



質問はコメントからどうぞ。

現在携帯メルマガを発行して、毎日文法問題を配信しています。
携帯サイトも運営していますので興味がある方は見て下さいね。

この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/528-b344a618

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。