最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

副詞の見極め

どうして副詞とわかるのか?

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

 Q:
「out(不在で)」は副詞ですが、動詞,副詞、形容詞を修飾するのが副詞と習いました
例えば「here(ここに)」は「ここにいる」のように動詞を修飾します。
では「out(不在で)」は例えば何を修飾しますか。
具体例を挙げてもらえますか?

 ↓
 ↓
 ↓



「副詞」関連の他の記事も見てみる。→姉妹サイト「究極の英文法」

 A:
out の具体例ですね。
He is out now.「彼は今出かけています」
この out は is「いる、存在する」を修飾しています。

他にも
He came out of the room.「彼は部屋から出てきた」
この out は came を修飾しています。

 ↓

 Q:
ちょっと質問のしかたをかえてみます。
ある単語があって、それが副詞かどうかを判断するときに、「here(ここに)」は「ここにいる」のように動詞を修飾するから副詞である、と考えていました。
ところが「out(不在で)」は「不在で~」のようにはいかないのかもしれません。そうすると、これが副詞であるというのは暗記するしかないのですか?
それとも何か判別法がありますか?

 ↓

 A:
ありますよ。
副詞は名詞以外の語(句)を修飾する修飾語にすぎず、文の要素になれません。
つまり、副詞を取り除いても文は成り立ちます。

ただし、一般動詞の場合はわかりやすいのですが、be動詞の場合、混同する人がいるようです。
形容詞と比べてみるとわかりやすいかもしれません。

He is young.「彼は若い」
この young は he の性質を表していて、he = young が成り立ちます。「彼は若いし、若いのは彼です」そして、young がなければ文は成立しません。
He is.「彼は、です」さっぱりわかりません。
そこで補うのが補語です。young は文の成立に不可欠なものでこれは形容詞と判断します。

次に He is out.ですが、この is は「いる」です。
He is.「彼はいます」で文が成立しています。
そして、out で「外に」という説明が加わっています。
he ≠ out です。「彼は外じゃないし、外は彼ではありません」
私はこうして判断しています。


質問はコメントからどうぞ。

「副詞」関連の他の記事も見てみる。→姉妹サイト「究極の英文法」



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/547-c7c19a81

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad