最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

否定の命令文

否定の命令文

携帯サイト「最強の英文法」に寄せ

られた質問と回答を掲載していくことにします。
本気で学ぶあなたが読めば、無料の英語教材になります。

 Q:
否定の命令文で
どうして「~であるな」は
Don't be ~なのでしょうか。
一般動詞の否定命令文のルールに従えば
Be not ~であると思うのですが。
しかもこのケースを除いて
DoとBe動詞が共存するものがないのに関わらずです。
原初的な質問で済みません。

 ↓
 ↓
 ↓

 A:
命令文は動詞の原形で始めますが、動詞の原形はもともと「~すること」という意味なんです。原形は名詞に近いです。
Study English.「英語を勉強すること」なのです。

例えば、Water, please.「水ください」と名詞で表現しても命令文になりますね。

次に do ですが、これは助動詞として使われることがあります。
Do study English.「本当に英語を勉強しなさい」
強意の助動詞 do です。

質問文で「do と be動詞が共存することはない」とおっしゃっていましたが、あります。
Do be quiet.「本当に静かにしてください」などです。
そして、命令文の否定形は、don't という助動詞を用いて表現するわけです。
Don't「~してはいけない」という助動詞を用いて命令文を作っていると考えればいいのではないでしょうか。
他にも will be とか can be とか must be とかあるように Don't be があると考えればいいのではないでしょうか。

質問はコメントからどうぞ。

携帯メルマガ 無料で2,000名以上が購読中!毎日文法問題を配信しています。

携帯サイト 過去問も掲示中!興味がある方は見て下さいね。

姉妹サイト「究極の英文法」 「否定」関連の記事を読む!

人気blogランキング 英語関連の他の記事を見る!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/588-5cb9feb3

英語教材が好き

be動詞(ビーどうし)とは、英語において名詞や形容詞の補語を伴って主語の状態を表現したり、現在分詞をともなって進行中の状況を表現したり(進行形)、過去分詞を伴って受動態を表現する助動詞的な役割を果たす動詞のことをいう。英語に代表させて他の西欧語の同じ性格の

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad