最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

時制-27

英語学習におすすめの本です!
英会話・英文法・TOEIC・入試問題など人気の書籍はこちら


■Tense-27
●Choose the best answer for the blank.

27. He said that he (  ) up at seven every morning.

(1) gets
(2) got
(3) has got
(4) had got
 ↓
 ↓選んだ?
 ↓
 ↓
 ↓

答えは続きで…

●Answer

(1) gets

----------

よくなるさ!

【解説】

時制-27
●適語選択

27. He said that he (gets) up at seven every morning.

「彼は毎朝7時に起きると言った」


時制の一致の例外を覚える。
そもそも時制の一致とは、主節の動詞が過去になると従節の動詞も過去になるというものです。
Tom says that his mother is at home.
 ↓
Tom said that his mother was at home.

そのようにならないものを覚えておきましょう。
1.真理
 He told me that the earth is round.
 「彼は、地球は丸いと私たちに教えてくれた」
2.格言
 He said that a rolling stone gathers no moss.
 「彼は、転がる石に苔はつかないと言った」
3.習慣
 She told me that she usually gets up at 7:00.
 「彼女は、いつも7時に起きると私に言った」
4.事実
 None of them knew where he is.
 「彼らはだれも彼がどこにいるのか知らなかった」
5.歴史上の事実(常に過去形)
 We knew that the French Revolution broke out in 1789.
 「私たちは、フランス革命が1789年に起こったことを知っていた」
6.比較の文(比べるものを重視するとき)
 We had fewer typhoons last year than we have this year.
 「去年は、今年ほど台風は多くなかった」
7.仮定法の文(想像上の時間が重視される)
 He said if he were a bird, he would fly to her.
 「僕が鳥なら彼女のもとへ飛んで行くのだがと彼は言った」

実は説明がしやすいので、「時制の一致」という言葉を使っています。
迷ったら、今(現在)から考えてどうなのかを言えばよいのです。
英語の時制は、一般的に「今、考えてどうなのか」という発想で表現されるのです。


無料メルマガに登録!
 
携帯サイト見る?

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。m( . .)m
人気blogランキング

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://4fukuoka9.blog2.fc2.com/tb.php/822-5f973e2e

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad