最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年センター試験解答と解説2

オッハーです。

今日も、2016年度センター試験の問題を解いてみましょう。
どこよりもわかり易い解説もぜひご覧ください。

2問あります。


【問題】(   )に入れるのに最も適当なものを,①~④のうちから一つずつ選べ。

第2問 A

問3 Children ( 10 ) by bilingual parents may naturally learn two languages.

① bringing up
② brought up
③ have brought up
④ were brought up




↓選んだ?







【答え】②

-------------------

問4 My sister was not a serious high school student, and ( 11 ).

① either I was
② either was I
③ neither I was
④ neither was I




↓選んだ?







【答え】④

-------------

「続きを読む」に解説があります。
  ↓ 2016年センター試験
第2問
問3

【解説】

Children ( brought up ) by bilingual parents may naturally learn two languages.

「バイリンガルの両親に育てられた子供は,当然2か国語を覚えるだろう」


分詞の問題です。

まず,この文全体の主語は Children で、述語は may learn です。

「子供たちは覚えるだろう」というのが文の中心となります。

Children と may の間にある語句は、Children の修飾語句となると考えます。

この時点で,③と④は、脱落します。

例えば,③だとすると、Childre have brought up 「子供たちは育てました」で文が終わってしまいます。

後の may naturally learen の説明がつきません。


④も同様の理由で,不可です。


残った①と②は,それぞれ現在分詞と過去分詞で,後ろから前の Children を修飾しています。


bring up ~ は「~を育てる」という意味です。

ですから①は,Children bringing up 「育てている子供たち」となります。

②は,Children brought up 「育てられた子供たち」となります。


どちらが正解かは一目瞭然です。

意味から考えても,直後の by bilingual parents「バイリンガルの両親によって」とのつながりを考えても,②が正解です。



------------

2016年センター試験
第2問
問4


【解説】

「~も…ない」という表現を問う問題です。

My sister was not a serious high school student, and ( neither was I ).

「私の姉は真面目な高校生ではなかった。そして,私もそうだった」


意味は上記のようになります。

文の前半に,「私の姉は真面目な高校生ではなかった」という否定文があります。

それを and 「そして」とつないでいますので,後半も同じく否定の意味を持つ文が続くと考えます。


この時点で否定の意味のない①と②が脱落します。

次に「否定語が文頭に来ると,倒置を起こす」という一般的な法則があります。

ここでも,neither という否定語が文頭に出て,was I という倒置を起こしている④を正解とします。


以下の3パターンを覚えておきましょう。

1.「~もそうだ」

A : I went to the shop yesterday.

B : So did I.

「私は昨日その店に行きました」

「私も行きました」

-------------

2.「~も…ない」

A : I can't speak Spanish.

B : Nither (または Nor ) can I.

「私はスペイン語を話せません」

「私も話せません」

------------

3.「その通りだ」

A : He is really kind.

B : So he is.

「彼は本当に親切だ」

「その通りです」


Aの話す内容によって,be動詞で受けたり,助動詞で受けたり,do, does, did で受け答えするようにします。

----------------

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。