最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2020年度いわゆる「共通テスト」

現行の「大学入試センター試験」は2019年度(2020年1月に実施)で終了する。

それに代わるのが「大学入学共通テスト」(仮称)である。
「センター試験」と「共通テスト」は、一体何が違うのか?

最大の違いは以下の2点である。

1.国語と数学で記述問題が出題される。
ご存知のように「センター試験」は全てマークシートで解答し、機械によって正誤が判断される。

2024年度以降は、地歴・公民や理科でも記述問題の導入が検討されている。

2.英語は外部テストを利用する。
民間の資格・検定試験を活用して4技能(読む・聞く・話す・書く)を評価するのだという。

当然私の関心は、2.の英語の改革である。
民間ってどこ?
今のところ、英検や TOIFUL がその対象となるそうだ。

TOEIC じゃだめなの。
いつ取得した資格が認められるの?
何か利権が絡んでいるんじゃないの?
英語は資格テストの一発勝負でいいの?
2次試験はあるの?
入試日はどうなるの?

もう疑問だらけである。

いずれにせよ、また誰かの何らかの思惑でことが進められているのだろう。
だれかの都合のいい方向に物事が変えられていくわけだ。

さて、受験生はそうと知りつつも、めげることなく果敢に立ち向かって行かなければならない。
今は、より多くの情報を得るものが間違いなく有利な社会であるという認識を持とう。

情報弱者にならないように、しばらくこの大学入試改革の動きを精査して行きたい。

また、詳しい情報を順次お伝えしていく。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。