最強の英文法・ブログ

■英文法の問題・解説を提供します(初級、中級向け)。 ■大学入試、TOEIC、TOEFLなどの英文法問題で点を稼ぐことに徹します。 ■お勧めの参考書等も紹介しています。d(^-^)ネ!

名詞の修飾

cat1
携帯サイト最強の英文法に寄せられた「英文法に関する質問と回答」を掲載します。


Q:みっきさん

初めて質問させて頂きます☆

There is no need (   ) the dishes -I will do them in the morning.

この(   )の答えは to doなのですが、「doing」では何故ダメなのでしょうか?

かなり初歩的な質問ですみません(^_^;)

 ↓
 ↓
 ↓

A:Emanonさん

みっき さん,

> There is no need (   ) the dishes -I will do them in the morning.
> この(   )の答えは to doなのですが、「doing」では何故ダメなのでしょうか?

doing だと名詞 need を形容詞のように後ろから修飾することになりますね。

こういう形は,「可能」なもの,「不可能」なもの,両方ありますが,可能な例をまず見てみましょう。以下は,Billy Joel の "Piano Man" の一部です。CMで流れたので,おなじみだと思います。

 There's an old man sitting next to me /Making love to his tonic and gin ...
 (an old man sitting next to me:「隣に腰掛けている老人」)

これを見るとわかると思うのですが,"an old man" と "sitting..." の関係は,「主語」と「述語」の関係になっています。つまり,"an old man IS sitting next to me" という関係です。

こういう関係があれば,「名詞」←「doing ...」という掛かり方ができます。

ところが,

 There is no need (*DOING) the dishes.

とはできません。なぜなら,これだと need と doing the dishes の間に主・述の関係が成り立たず,「必要」が「皿洗いをする」ことになってしまうからです。

この場合,もし doing を使いたければ,(   )は of [for] doing のようにする必要があります。


RE:みっきさん

Emanon様、ご丁寧な解説どうも有難うございます。
おかげさまでスッキリと納得することができました(^^)



英文法の質問と解答の一覧に戻る






コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

オッハー

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2投票

今日の英語学習時間は?

無料アクセス解析

FC2Ad